世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  杣の里・黒滝村 山伏カレー いのしし肉使用!

杣の里・黒滝村 山伏カレー いのしし肉使用!

杣の里・黒滝村 山伏カレー いのしし肉使用!

黒滝村商工会さんがご当地カレー作りました。杣の里・黒滝村 山伏カレー いのしし肉使用!ボディーコピーにはこうあります・・・

「吉野の杉山かけめぐり、足腰鍛えて育んだ元気な肉体・・・。やっと、美味しくなりました」と。このコピーの主体がイノシシだとすると、まるで野生のイノシシを示すような気がしますが、黒滝村商工会で販売しているイノシシは牧場で育っているから(イノシシ牧場必見!)、イノシシではなく、山伏を指すものであると納得しておきます。

山伏カレー(泣)。このゆるさはえぇ感じです。黒滝カレーでもなく、イノシシカレーでもなく、そして行者カレーでもなく・・・「山伏カレー」。なんだか360度回転して落ち着いたような感じ。道の駅「吉野路 黒滝」にて好評販売中!イベントなどで大量にお求めの際は、黒滝村商工会までお問い合わせのほど。

当方としましては、ぜひとも山伏、行者のみなさまによる大量ご購入を期待したく。お味はちょっぴり辛めとか。1人前200g、消費税込み630円。お試しください。私もじっくり味あわさせていただきます。

「山伏カレー」黒滝村商工会
「山伏カレー」住み続けたい地域づくりのために




| トラックバック(0) |2012年5月30日 08:26

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/911
杣の里・黒滝村 山伏カレー いのしし肉使用!