世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  観光客の急増をうけて

観光客の急増をうけて

観光客の急増をうけて

観光客の急増をうけて・・・それに対処、つまりはチャンスを受益するべき中心的な組織が、ふたを開けると動かなかったりする。恐ろしい現実ですが、そういった現象を実感しています。組織の存在理由が観光振興なのに、観光客が増えると「困る」「できない」を連発するわけです。

公務員バッシングという時流のなかで、この10年ほどで公務員は良くも悪くも変化し、高いモチベーションで活躍してくれています。しかしそれとは別に、役所では絶対言えなくなったような理屈、根拠を、今更ながら団体職員は盾にするようです。住民を巻き込んだ自律的な活動、まちづくりを進めてきて、こんな所に壁があるのです。ビックリしました。

公務員は、住民とともに頑張っています。その頑張りがなぜか「つきぬけない」という悩みが、この公務員周辺の“団体”によるものと。バッシングすべきは公務員ではなく、その周囲の利権集団なのではないか・・・。ここは敵対するのではなく、どうすればこの木っ端役人を「まちづくりに混ぜれるのか」を考えていかねばなりません。

急激な変化というのがイカンのかもしれませんが、ついて来てくれない現実。組織論、わけの分からん従業員保護、ミーイズム。一番がんばらなアカン時に最初に“1抜けた”するやつ、よく憶えておきますね。




| トラックバック(0) |2012年4月28日 06:32

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/905
観光客の急増をうけて