世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  フィルムコミッション活動の賞味期限

フィルムコミッション活動の賞味期限

フィルムコミッション活動の賞味期限

フィルムコミッション活動の賞味期限は、ビックリしてしまうほど短くなってきている印象があります。大昔、スターウォーズがやってきた1978年、それはそれは大きなお祭で、ハワイやロスで3回観たとか10回観たというのが週刊誌の記事なったり、1年以上盛り上がった頃が懐かしいですな。

今日的な映画の公開期間は、多様に付随するプロモーション収入で“巻き上げる”ため、コンビニ露出サイクルにあわせて2週間から1ヶ月でしょうか?DVDの売れ行きが相当良くても、作品の話題性はきわめて短くなっているでしょう。

それでもそこにん百万、ん千万の血税を投下するケース・・・尋常ではないと思われます。全てではありませんが、メディアパワーに乗っかる悪い傾向かもしれません。フィルムコミッション活動の賞味期限は極めて短くなっているのです。冷静な判断が必要ですよね。

半年間のオンエアが約束された岸和田は、本当に宝くじが当たったようなものでした。では、半年なら、大規模財政出動は許されるのか?いや・・・違うでしょう。やはりメディアとの付き合い方を、さらに高度な次元で進めないことには、単純に消費されてしまうだけなのです。

●NHK連続テレビ小説「朝ドラ」とまちづくり
「朝ドラ舞台地におこる“主体的まちづくり”」
「マスメディアとまちづくり」
「観光交流人口の増加に伴う、経済効果以外のメリット」
「メディアツーリズムと言うらしい。」
「NHK朝ドラ舞台地にみる観光振興予算」
「10月3日(月)カーネーション放送開始。朝ドラとまちづくり観光」





| トラックバック(1) |2012年3月18日 08:34

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/897

この一覧は、次のエントリーを参照しています: フィルムコミッション活動の賞味期限:

» 番組展、番組テーマ館 from アウトドアをまちづくりに!
連続テレビ小説の場合、比較的コンパクトに「番組展」の開催が可能です。大河ドラマ... [詳しくはこちら]

フィルムコミッション活動の賞味期限