世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  マスメディアとまちづくり

マスメディアとまちづくり

マスメディアとまちづくり

日本独自の問題ではないと思いますが、マスメディアによる大きな影響がまちを変えるようになってきました。まちのイメージが、たかだかテレビメディアの影響によって変化していくわけです。社会問題を浮き彫りにしたような悲劇的犯罪が起こったまち・・・そのまちの名前がテレビで連呼されるなか、あなたはそのまちに旅しに行きたいですか?なかなかそういう気にはなりませんよね。

マスメディアによる紹介のされ方、その“さじ加減”で、まちの印象は左右します。国の印象も左右します。昨年の大震災によって、メイドインジャパンの印象が大きく変化しています。残念ながらこれは現在進行中・・・。ではマスメディアと、どのような付き合い方が望ましいのか?

中世の宗教システム、特に「魔女狩り」に似たものをマスメディアの仕組みに感じつつ、マスメディアとまちづくりについて、真摯な議論が必要と考えております。少なくとも現在、「テレビが来た!」、「芸能人が来た!」、「ドラマになった!」と両手をあげて大歓迎している構図は危険なのです。

まちづくりに関わる方々は「マスメディアによる取材」の誘致、情報発信が目的ではありません(ここが結構ぶれている)。情報発信とか、メディアとは“使う”ものであるという立脚点を確立し、凛としてマスメディアと対峙していく必要があります。カーネーション、岸和田でそのあたり、現在勉強中です。





| トラックバック(3) |2012年2月14日 06:40

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/889

この一覧は、次のエントリーを参照しています: マスメディアとまちづくり:

» 朝ドラ舞台地におこる“主体的まちづくり” from アウトドアをまちづくりに!
1)幼稚園や学校で、朝ドラごっこが流行る。まちの方言が話題になる。 2)ブラバ... [詳しくはこちら]

» フィルムコミッション活動の賞味期限 from アウトドアをまちづくりに!
フィルムコミッション活動の賞味期限は、ビックリしてしまうほど短くなってきている... [詳しくはこちら]

» 番組展、番組テーマ館 from アウトドアをまちづくりに!
連続テレビ小説の場合、比較的コンパクトに「番組展」の開催が可能です。大河ドラマ... [詳しくはこちら]

マスメディアとまちづくり