世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  非公式なPOP、番組名露出について

非公式なPOP、番組名露出について

「放送局非公式なPOP、スレスレな番組名露出」

朝ドラ舞台地自治体に関わるという希少な経験をさせていただき、各種のメガネを付けて歩くことができるようになりました。最近注目してしまうのは「放送局非公式なPOP、スレスレな番組名露出」です。舞台地自治体レベルにおいては決して承認されない部分、“商業振興”、“観光振興”として見逃して(?)、もしくは黙認(?)して行われる実態です。

いわゆるモラルハザードという点では、番組テレビドラマという著作権、肖像権でがんじがらめにされたものを、こっそり使っちゃうわけで、有罪なのですね。当のテレビ局もタレントさんとの契約期間はすぎており、放送を終えてしまえば管理外。ある意味、何かあっても知りませんというシロモノ。

「放送局非公式なPOP、スレスレな番組名露出」というやつは、舞台地自治体はもちろん、テレビ局側も“手を付けそうで、手に負えないモラトリアム存在”といえるでしょう。この辺のせめぎあいが、客観的に見ていると楽しいわけです。当事者的には、やっぱりNGナンですけどね。




| トラックバック(0) |2012年1月27日 07:55

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/884
非公式なPOP、番組名露出について