世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

日本一のうなぎ。ん?

日本一のうなぎ。ん?

駐車場から降り立つと、周囲には「日本一のうなぎ」の看板、のぼりが立ち並んでいます。たいしたものです。そこまで鼓舞する以上、こちらも相当気合を入れて食べねばなりません。お店の周囲には駐車場が新規に設置されており、第五駐車場まであります。

聞けば先日、なんとかケンミンショーで紹介された以降、このような状態になったとか。それ以前から「日本一のウナギ」を謳っていたのかどうか、定かではありませんが、とにかく現時点で日本一であるらしいです。まあここは大人になって、素直にウナギを頂きましょう。

ん。んんん。中の中です。日本一といっても、美味しいとは限りません。

といいますか、あくまでも個人的な印象ですが、ひつまぶしですね、このお味。どんぶりにウナギとごはんを盛ってから、一度蒸しているんでしょうね。わかるにはわかりますが、ウナギの背脂がその段階で飛んでしまった感じです。ゆえにウナギのぼそぼそ感は否めません。ミナミのいずもやの方が、まだシズル感があります。

日本一のうなぎ、まさしく言うたもん勝ちですね。別に否定する気もありませんが、やっぱり好みのモノなのでしょう。この日も大勢の方々が行列を作っておりました。川魚の背脂には、海の魚にない独自の旨みがありまする。もうそんなことを言っても、しょうがないのかもしれません。

●“必ずしも旨いとは限らない”関連エントリー
「名産というソバが、旨いとは限らない」
「魚市場のメシ屋で、サカナが食えるとは限らない」




| トラックバック(0) |2011年8月 4日 08:13

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/852
日本一のうなぎ。ん?