世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  あこがれます、だんじり大工さん

あこがれます、だんじり大工さん

110720_danjirikoumuten.jpg


「手に技術をもっている人」憧れます、基本的に。料理人の方や工場で鉄の板から何かを作り出したり、トンカチひとつで(だけでは無理か。)家を建ててしまう大工さんなどなど。すごすぎます。

そんな職人さんの作業場、しかも普通に考えたらまー「入るの無理っ!」っていうような聖域、だんじり大工さんたちの作業場を覗かせてもらえました。(社長ー、本気でありがとうございます。)

すごい、すごすぎます!作業場のいたるところにだんじりの彫り物があっちゃこっちゃ、もんのすごく細かい彫刻がすみすみまで施されています。すごい仕事です、ハイ。

ひとつひとつの作品から、職人さんたちの気持ちや気合(すごみ?)がひしひしと伝わってきます。やっぱり伝統と責任、そして引き手の皆さんの気持ちをノミにこめてるからですかねー。いままでいじょうにありがたいものに感じられるようになりました。

しかし、いろんな伝統技術の後継者問題があっちゃこっちゃで問題になっている現代。そりゃ若い子は、「はぁーテレビもねぇ、夜遊びねぇ、おらにあるのは仕事だけ」ではついていかないですもんねぇ。

「憧れからその職業につき、それが一生の仕事になる。」そんなちっちゃい子どもが増えたらうれしいです。ちなみに、今の僕の憧れは「すらすらブログが書ける人」です。




| トラックバック(0) |2011年7月25日 05:40

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/849
あこがれます、だんじり大工さん