世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  紙コップをぽんぽん捨てないために

紙コップをぽんぽん捨てないために

紙コップをぽんぽん捨てないために

紙コップをぽんぽん捨てないために。大勢のスタッフさんが集まる現場などで、写真のような工夫がありますね。夏のイベントなんかでは熱中症対策として、水分補給を問われるなかで、沢山飲めばごみも出る。案外かさばるのが紙コップです。でも、名前を書いて、衛生的に使えばいい。

私は水筒派なのですが、イベント現場や講習会場などに行くと、「どうぞ」と冷たいお茶を紙コップに出していただくことも多いわけです。もちろん、水分補給だけの意味でしたら「いえいえ私、水筒持ってきてます」と断ればいいわけですが、それは味気ない。愛すべき日本人、お茶をコップに入れて渡す行為、そのものにも意味がありますよね。

なので紙コップの再利用、賛成です。ここには欧米人があこがれた、東洋の神秘、カップ&ソーサーの魅力「茶道」の一部が見え隠れします。洗濯物干しに吊るされた紙コップ、今日の外国人の目にはどのように映るものか?




| トラックバック(0) |2011年5月26日 05:59

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/826
紙コップをぽんぽん捨てないために