世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  カッパえびせんが、カモメのエサ・・・ですか?

カッパえびせんが、カモメのエサ・・・ですか?

カッパえびせんが、カモメのエサ・・・ですか?

天橋立にある観光船乗り場で見つけました。伊根湾の観光船にも確か同様のものがあり、10年ほど前に乗船し、このカッパえびせんを購入、カモメにあげた記憶があります。デッキに出ると、カモメさんは「よくお分かりに」なっていて、アホほど集まってきます。確かにこれは面白かった。

しかしですね、カッパえびせんが、カモメのエサ・・・ですか?昔購入した折も、どこか後ろめたさが残るのですが、けっしていいものではございませんよね。カモメにとって自然生態系的に良いわけないし、カルビーさんにも申し訳ない。また道徳上、教育上よろしくない。

んじゃ、カモメに何をあげればいいの?雑穀?豆?いえいえ、違います、あげてはいけないんですね。この「えさやり体験(とは書かれてないけど)」、正面に見据えると、それは自然生態系に悪影響与えるという観点から、廃止すべき。ということになるでしょうか?こんなことやっていて、エコツアーとか、環境配慮型の観光とか発信することはできないでしょう。旧態依然ですね。

観光先進地、天橋立ではこういうことになっており、海外からの観光客さんはこういう実態を見て、冷ややかに笑っている。そういうことかも知れませんねぇ。ははは、なんとも言えません。て、言わなあかんがな、私。ただ、この100円の積み重ねも貴重な観光収入であり、そんな状況ということも考え合わせないといけません。





| トラックバック(1) |2011年5月25日 06:49

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/825

この一覧は、次のエントリーを参照しています: カッパえびせんが、カモメのエサ・・・ですか?:

» トンビにソフトクリームを奪取される from アウトドアをまちづくりに!
この注意書きに気づくのが遅かった。潮風と陽気に誘われ、400円バニラ味のソフト... [詳しくはこちら]

カッパえびせんが、カモメのエサ・・・ですか?