世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  KTR宮津駅、ステーション食堂・旅人

KTR宮津駅、ステーション食堂・旅人

KTR宮津駅、ステーション食堂・旅人

がらしゃそば400円、ロコモコ400円、ぶたロース定食580円、汁なし坦々麺450円・・・多彩な商品構成も驚きですが、総じてお求め安い単価帯が泣けます、KTR宮津駅、ステーション食堂・旅人。宮津駅は言わずと知れた天橋立のふたつ手前のターミナル。駅から少し離れると、うどんそば、一杯700円、800円という観光地のなかにあり、この単価帯。うれしいですね。

宮津駅は丹後ちりめんや新鮮な魚介類の集積地として栄えた歴史があります。KTR(北近畿丹後鉄道)利用者には、古くから行商の方々が行きかい、今もビジネスマンが多いはず。ステーション食堂・旅人はそんな方々のニーズを叶えてきたのでしょう。

再開発や、駅構内(エキナカ)の高度化に伴い、全国的に駅前食堂が減少傾向にありますね。鉄道自体の存続も大切ですが、この駅食堂の保全も切に願いたいものです。宮津にお越しの際はKTR宮津駅駅構内、ステーション食堂・旅人をごひいきに。

●駅前の食堂関連エントリー
「駅前の食堂、残したい味、空間。」





| トラックバック(1) |2011年5月 6日 06:18

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/814

この一覧は、次のエントリーを参照しています: KTR宮津駅、ステーション食堂・旅人:

» 宮津駅前富田屋。どうとらえる? from アウトドアをまちづくりに!
「サバフライ定食500円」の続きです。写真は焼き魚定食600円、煮魚、焼き魚は... [詳しくはこちら]

KTR宮津駅、ステーション食堂・旅人