世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  テントなど、アウトドア機材活用講習

テントなど、アウトドア機材活用講習

テントなど、アウトドア機材活用講習

アウトドア活動の機材。テント、ストーブ&バーナーの類、ランタン。そして水の「作り方・確保の仕方」。まるでボーイスカウトのカリキュラムのような世界ですが、数年に一度、こういう講習をやることがあります。思いおこせば弊社がまだ稼動し始めた頃、とある農業公園で人気プログラムだったのも、こういった内容でした。タイトルは「アウトドア予備校」・・・。

そしていつも思うのですが、ホームセンターではテントや寝袋、バーベキューセットが恐ろしいボリュームでならんでいるにもかかわらず、これら基本中の基本である機材を活用できる人が少ないということ。また、応用性を正しく伝えること(タープとか特にね)が困難なことです。

一般の方々はこういう機材をフルに活用して「すくわれた」、「助かった」という経験を伴うようなケースがすくない・・・とまあ、割り切ってしまえばそうなのですが。機材を手に馴染ませる、身体に馴染ませるまで活用することはありません。

まあ、私の周りにいるような方々は、快適な家のなかにすんでいても高機能シュラフなどで睡眠される方も少なくなく、私らのほうが“異常”といってしまえばそれまでなのですが。しかし、基本的なアウトドア機材を使いこなすというようなことが、ある程度の一般常識であってほしいと思うわけです。

【ガイドの一般教養講座 研究発表vol.25:災害ボランティア考 】・・・ニュージーランド在住のシーカヤックガイド、リュウ・タカハシさんがすばらしいエッセイを寄せられています。ぜひこういう考えも参考にしていただいて、自宅の倉庫に畳み込まれたままのアウトドア機材、改めて使いこなすこと、考えてみませんか?





| トラックバック(0) |2011年4月 4日 06:57

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/801
テントなど、アウトドア機材活用講習