世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  危機管理哲学をお勉強。黒滝村

危機管理哲学をお勉強。黒滝村

危機管理哲学をお勉強。黒滝村

黒滝村こもれびホールにて、NPO法人「和(なごみ)」さん主催の危機管理講習を担当しております。林業観光プログラムをはじめ、今後予定されている村をあげての受け入れ態勢作りに欠かせないからですね。講師はヘッドウォーターの馬場茂一さん。

レスキュー3のインストラクターである彼に、今回無理からお願いし、レスキュー3の講習メニューとは別に独自のカリキュラムを作ってもらい、自然遊びをサポートする際の危機管理哲学について啓発させていただきました。

“事故は起こる”ものとして捉えていく。備えの重要性、バックアップ、複数プランの準備など、まる一日かけてお勉強。もう少し暖かくなれば実技講習も展開予定。しっかりねっとっり・・・従来から宿泊施設管理を担当されている方にも受講してもらっております。

これらの講習がどのように活かされていくのか?こちらも中長期的にお付き合いして、変化を見ていかなければなりません。

●黒滝村「林業観光」関連エントリー
「将来を年輪に刻んでみる、そんな黒滝村みやげ」
「中井さん家で晩御飯」
「吉野地方の家々に伝わる朴の葉寿司を作ろう!黒滝村」
「黒滝村の「里山生活・ものづくり」に参加できます!」
「杉の葉染め。杉の里工房、黒滝村」
「黒滝村で炭焼き体験、もくもく山里炭工房」
「黒滝おもしろ体験の体験」
「ちぐさモノレールで行く林業観光!黒滝村」




| トラックバック(0) |2011年2月18日 06:09

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/797
危機管理哲学をお勉強。黒滝村