世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  木彫アート?彫りもの?でもだんじりグッズ

木彫アート?彫りもの?でもだんじりグッズ

木彫アート?彫りもの?でもだんじりグッズ

木彫アートでまちづくり・・・という、とある地域のお仕事があって報告書を組み立てているのですが、いわゆる木彫、フォークアートというのでしょうか?これの愛好家が大勢いらっしゃることを知りました。木彫という言葉自体、ちょっとピンとこなかったのですが驚いております。

そんな驚きをもったまま、岸和田を歩いているとここにもあるのです、木彫アート、いえいえ岸和田では「彫りもの」。これもいわゆる“だんじり産業”というやつで、だんじりの生産が一つの産業にっている岸和田においては、だんじり工務店の大工、彫師が人気の職業なんですね。

若い有能な作家が沢山育っているわけで、そういう作家の彫りもの作品がうずもれています。写真のような作品が2万円とか3万円で、限られただんじりグッズ店で販売されております。だんじりは走る芸術品と表現されることがあり、その細かな装飾にこれらの技術が総動員されているのです。

木彫アートと彫りもの、接点があるようでありません。うまくくっつけると新しい産業の広がりがあるかも。少なくとも、だんじりの彫りもの、お土産品として、地域特産として光が当たっていない気がします。これは正真正銘のジャパンクールです。このあたり、こじ開けてみたいと考えております。




| トラックバック(0) |2011年2月14日 06:20

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/795
木彫アート?彫りもの?でもだんじりグッズ