世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  サンタクロース姿のウルトラマンはなで肩だった。

サンタクロース姿のウルトラマンはなで肩だった。

サンタクロース姿のウルトラマンはなで肩だった。

突如商店街に現れたウルトラマンメビウス。とても気さくに子どもたちとあいさつを交わし、あまりにも普通に商店街を歩いております。M78星雲人だからテレパシーを使うのかもしれませんが、子どもとの会話はMCのお姉さんを通じて、もしくはそのあまりにも無表情なマスクであるにもかかわらず、ノンバーバル(無言語)で実現します。さすが!

パレットにコンパネをひいて、上からパンチカーペットを巻いただけという、非常にシンプルな商店街のミニステージであっても、わざわざ宇宙からやってきてくれたわけです。心から御礼申し上げます。12月の歳末商戦が始まったばかりの商店街、シチュエーションにあわせてサンタクロースのコスチュームで登場して頂き、ステージ横の昔ながらのおもちゃ屋さんでは、通常をはるかに越える売り上げがあったやらなかったやら。

ただウルトラマン、戦闘モードでないからでしょうか?妙になで肩です。まあ、そらそうでしょう、もりもりの大胸筋の上から、サンタのコスチュームを羽織る必要はありません。お休みのところを、わざわざ来ていただいておるのですし。しかし、そのあたりの違和感について子どもたちは察知しているようです。

なで肩のウルトラマンを見つつ、あぁやっぱりウルトラマンも激務なのであると、妙に納得してしまいました。おつかれちゃん。何ともいえません。




| トラックバック(0) |2010年12月 8日 06:09

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/770
サンタクロース姿のウルトラマンはなで肩だった。