世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  すきな魚でマイふりかけ!お魚学習プロジェクト

すきな魚でマイふりかけ!お魚学習プロジェクト

すきな魚でマイふりかけ!お魚学習プロジェクト

和歌山県の水産振興、魚食普及を目的として“お魚学習プロジェクト”がはじまっており、これをお手伝いしております。写真はアジ、サバ、タチウオ、イカをはじめワカメ、梅干、ごぼうなどを一度蒸して乾燥。それをパウダー上に加工したものなのです。これらを味見して、気にいったものを組み合わせ、自分だけのふりかけを作る・・・「すきな魚でマイふりかけ」学習プログラムです。

すきな魚でマイふりかけ!お魚学習プロジェクト イカが旨い・・・そうです。

子ども、大人の味覚障害が指摘されるなか、アミノ酸系「さかなの旨み」の味をしっかりと自覚してもらえるプログラムなのです、これは。そのとき、同時に梅干などの酸味、塩の苦さなども個別に試食することで参加者は自然に神経を舌先に集中することができます。

サカナ離れ・・・それはすなわち、お米離れなのだろうと思います。あくまでも直感的な個人的仮説ですが。味覚形成時期に、多様すぎる食生活をおくることで「ご飯とお米バランス」を正しく覚えることができないまま成長する人が多いのでしょう。寿司もいいのですが、やはりアジ、サバ、サンマとご飯の組み合わせ。魚食離れ、サカナ離れを是正するには米食促進が最も効果的なはず。

こういったプログラムをはじめ、漁師さんが学校を訪問して調理実習を実施したり、また学校の校外学習として、漁港を訪問するなどなど、和歌山でお魚学習プロジェクトが始動しました。引き続き少しずつ紹介してまいりますので、ご期待くだされ。なお、下記公式ブログもぜひチェック願います!

●関連リンク
「お魚学習プロジェクト」公式ブログ





コメント(2) | トラックバック(2) |2010年11月22日 07:20

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/763

この一覧は、次のエントリーを参照しています: すきな魚でマイふりかけ!お魚学習プロジェクト:

» 持って帰ってきたマイふりかけ from アウトドアをまちづくりに!
お魚学習プロジェクト、和歌山のイベントで空さんが作った「マイふりかけ」です。こ... [詳しくはこちら]

» 「宮津バーガー5ヶ条」に好感を持つ from アウトドアをまちづくりに!
いわゆるご当地バーガーというのも、「どうしたものか」と考えております。特定店舗... [詳しくはこちら]

コメント

うわぁ〜、豪華なマイふりかけですね。楽しそう!うちもふりかけ作りやりますよ〜。といってもダシを袋から出し、コップにいれて棒でゴリゴリすりこぎするだけなんですけどね。ははは。

まめさん、まいどです。
まめさんが以前おっしゃていた、アジの煮干による「裁き方」お勉強。あれも組合したいものですね。考えれば子どもの年齢にあわせて、イロイロできそうな気がします。


すきな魚でマイふりかけ!お魚学習プロジェクト