世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  カヤックと清流と“チーかま”と

カヤックと清流と“チーかま”と

カヤックと清流と“チーかま”と

写真はカヤックと清流と“チーかま”。
川でいっぱい遊ぶカヤックですが、当然おなかが空きます。日曜日日帰りで遊びに行くと、現地到着から車両回送、カヤックスタートというタイムテーブルを考えると、川のなかで軽い昼食という時間になることが多く、おにぎりなどを持参することは少なくありません。

私の場合、おにぎりを防水ケースに入れてもっていくにせよ、ダウンリバーツーリングの途中で食べて、おなかに入れてしまうにせよ、妙に重量がかさむものをカヤックに入れるのが鬱陶しいわけです。なので携行食、レーションなどがいいのですが、最近は“チーかま”に落ち着いております。

ナッツとかピーナッツ類もいいんですが、どうも消化に悪い気がするし「人に取られる」から多い目に持参せねばなりません。チョコレートは嫌いなので食べません。大塚食品のカロリーメイトは一度持参し、水にぬれて「とんでもない」ことになったためご法度です。

一時、魚肉ソーセージというものに入れ込んで、そればかりカヤックに積んでいましたが、遺伝子組み換え小麦が使われている話を本で読み、以後魚肉ソーセージもご法度。その後“チーかま”に落ち着いております。しかも3本。何とも言えないお話です。

●関連リンク
・チーかま - 株式会社 丸善「チーかま誕生物語」




コメント(4) | トラックバック(0) |2010年10月 6日 06:28

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/742

コメント

そういや、ナベさんの仲間はあまりがっつり昼食を持参しなかったんですよね?
私は常に、弁当を積んでます。
夏場は特に、ローソン100の「そば」または「そうめん」と「いなりずし」がおすすめです。
この組み合わせで300円程度ですむというのが最高。

しっかりお昼ご飯を持参して食べる…そういう方もいますけど、どーも個人的には荷物は減らしたいです(燃費が悪い)。
しかし、絶景の中での食事は楽しみたいものです。フライフィッシャーマンに学んで、どうでしょうか、フランスパンとワインなんか持参してみますか?

防災用品のカロリーメイトは3年保存可能で水害時も大丈夫なアルミパッケージだったと思います。
お試しくだされ。

携帯トイレ屋さんへ

レス遅くなり恐縮です。
なぬ、水害時も大丈夫なアルミパッケージのカロリーメイトがあるんですか?試してみます。
せやけど高いんちゃいますぅ?

カヤックと清流と“チーかま”と