世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  リセット。やっぱり川です、私

リセット。やっぱり川です、私

リセット。やっぱり川です、私。滋賀高時川

ようやくといいますか、実質3ヵ月半ぶりに川で漕げました。丹生ダム建設でゆれ、照葉樹林が楽しい滋賀県の高時川。頭のお皿がしっとりしております。かかとのケガが心配されておりました、カヤックを持っての移動も、友人に助けられ何とかカントカ。

流れる水の力を、パドルを通じて全身で受け、水に乗り、もてあそばれコントロールしつつ、されつつ。フワフワ浮かぶなかで、脳内物質が多数分泌されるのが実感できます。見上げればヤマセミが危機を感じて飛び去り、川面すれすれで兆弾のようにカワガラスが飛びぬける。

高時川は苔類が豊富。ミズゴケなんかがお好きな方にはたまらないくらい、びっしりと敷き詰められていますね。栄養分が豊富なのでしょうか?セッコクなどの和製ランも多いですね。知り合いの園芸家に教えてあげねばなりません。そういえばワサビハンターもいらっしゃるとか。

久しぶりのカヤックにて「鼻栓」を忘れるなどのチョンボもありましたが、6キロ楽しく漕破。お助けいただいたいつものお友だちに感謝です。

●関連エントリー「川から見た景観」
「川のチカラ、昭和の地層」
「秋晴れ琵琶湖の北、高時川」
「北山川の日高川層群、川から見る。」
「高時川、照葉樹の森を漕ぐ」
「熊野川の真骨頂は、やっぱり小松から下」
「舟歌は絶滅危惧種の音景観」
「この国が求める、河川環境の楽園とは」
「笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ」
「聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景」
「川からの景観、和船のある風景」





| トラックバック(0) |2010年10月 4日 06:00

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/740
リセット。やっぱり川です、私