世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  そろそろ自転車のほうの事業も

そろそろ自転車のほうの事業も

そろそろ自転車のほうの事業も

秋色一色になってきた今日この頃、今年もまた自転車学習のシーズンが近づいてきました。そろそろスタンバイしていかねばなりません。状況はというと・・・消費生活センターが煽っているのか、保険会社が煽っているのかわかりませんが、自転車事故の増加についてのニュースが聞こえてきております。

自転車事故増加の背景には、さまざまな要因が絡み合っているとは思います。総じて見れば、個々人、一人ひとりのモラルを含む人間の力の低下と、そもそもの社会交通システムの劣化が原因かと。声高に叫ばれる「ルール・マナー遵守」という掛け声を聞くたびに、そんなことを真顔で伝えねばならない愚かさ加減に辟易します。正直なところ。

景気低迷とともに販売台数を伸ばしてきた自転車ですが、また今日も自転車ブーム、自転車通勤ブームであるとか。そこでも「KEEP LEFT」と書かれたTシャツが売れているとのことで、“まるでアメリカ”見たいな雰囲気を感じています。

奥ゆかしく、思いやりを。人のことを考えて、優しくいきる。そんな日本人像が残存することを小さく期待しながら、今年も自転車学習、そろそろ準備をはじめます。

●堺自転車学習 関連エントリー
「レゴのまちで学ぶ自転車事故」
「環境モデル都市と自転車学習」
「塾で自転車リーダーを養成するのだ」
「Xactiをヘルメットに固定して・・・」




コメント(2) | トラックバック(2) |2010年9月30日 06:17

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/738

この一覧は、次のエントリーを参照しています: そろそろ自転車のほうの事業も:

» 主体的に「死なない運転」を考える、自転車学習 from アウトドアをまちづくりに!
恒例になりました冬休みの学童保育、自転車学習。はりきって進めております。写真は... [詳しくはこちら]

» 自転車事故の加害者、被害者になってみる from アウトドアをまちづくりに!
堺自転車学習、今年度も始まりました。今年は道交法改正に対応し、自転車事故の加害... [詳しくはこちら]

コメント

ビールが写っているのはびっくりですが、自分も自転車は良く乗りますが、場所によって、どの信号で渡っていいのか判断に迷う時があります。

藤本さんへ

毎度です、ありますねぇそんな信号。
とくに「歩車分離型」なる交差点、アレはわからん。
自転車はどっちやねんと聞くと、警察官によって返事が違う。
社会交通システムの劣化、最たる例ですね。

そろそろ自転車のほうの事業も