世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  今日も続く雨乞い神事「たかおがみのおおかみ」

今日も続く雨乞い神事「たかおがみのおおかみ」

今日も続く雨乞い神事

写真は過日、和泉葛城山山頂の葛城神社にて祭神である「たかおがみのおおかみ」に農作物豊穣祈願をされている農業関係者(主にJA)さんたちです。雨乞いというと前近代的な雰囲気がして、古臭い印象があるかもしれませんが、現在でも五穀豊穣の神事として継続されています。

さもありなんと思いつつ、実際に取材してみると早朝、しかも急な林道を駆け上った山頂であるにもかかわらず、200人を越える方々が集まっておりました。今日も雨乞い神事、続いております。祈願の内容には「熱中症などで農家の方が倒れることのなきよう」といった祈願もありました。まあ、農業全般の祈願となっています。

「たかおがみのおおかみ」さんなのですが"おかみ"は水という意味とのことで「たかおがみ」は山峰の雨を司どる神。お仲間には「くらおがみのおおかみ」という神さんもおりましてこちらは谷川の水を司る神とのこと。「たか」→「高い・・・山脈」、「くら」→「暗い・・・谷、渓谷」と単純に考えていいものでしょうか?そのあたりはわかりません。

たまたま今年は渇水などの心配はなさそう。そういうとき、水の大切さについては忘れがちです。しかし、気候変動が指摘される今日こういった雨乞い神事、大切にしたほうがいいのかもしれません。「たかおがみのおおかみ」のお札をもらって、カヤックに張っておくと水み恵まれるのでしょうか?

●関連リンク
「水と生きる生き方。葛城踊りと八大竜王」岸ぶら




| トラックバック(0) |2010年8月17日 06:41

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/722
今日も続く雨乞い神事「たかおがみのおおかみ」