世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  大人の観光。まつり前 岸和田城下町について。その1

大人の観光。まつり前 岸和田城下町について。その1

大人の観光。まつり前 岸和田城下町について。その1
岸和田市では全くの初めてとなる観光キャンペーン、「岸和田城周辺まち歩き周遊キャンペーン・まつり前 岸和田城下町」が8月21日(土)より、約一ヶ月にわたって開催されます。弊社では岸和田市観光振興計画の策定より関わり、「岸ぶら」編集を続けるなかでこのキャンペーンを全面的にお手伝いしています。

九月祭礼、いわゆる岸和田だんじり祭が開催されるのは敬老の日前の土日で、本キャンペーン終了の翌日です。だんじり祭は言うまでもなく全国区で通用します。ただしこの祭礼期間には、まちの商業・飲食業はストップし、屋台のテキ屋さんだけが交流利益を享受する構造がありました。

ではまつり前はどうかというと、まつり当日お商売が成立しないことを前提に、それこそ“まつり前”というハイテンションで商店街はにぎやかです。九月祭礼はいわゆる「岸コレ」であり、その後に控える山手、および泉州一帯の10月祭礼にむけて祭礼用品などだんじり産業が盛んに流通するわけです。

またこの時期は青年団による走りこみや、児童のだんじりごっこをはじめ、「わがまちのだんじりについて語りたい目」をした曳き手の老兵、練習中のだんじり囃子、まつり当日ではありえない地車への接近・遭遇も可能なのです。

まち角には献灯台が照らされ、岸和田の夏の夕暮れはなんともいえない風雅な雰囲気を漂わせています。だんじりカルチャーに“クスっ”と笑いつつ、その深さ、つながりがチラホラ見えて、そこには都市生活者が望んで失くしてしまった、あたたかいコミュニティーが見えてきます。

こんなコード(情報や風情)を読み取れる人は、立派な大人ということになるかもしれません。人と話せる、まちを観れる、一定の資格がないとわからないのかもしれません。実は大人な観光である「まつり前」。自分の大人度をチェックするつもりで、足を運んでみませんか?

くわしくは「岸ぶら」をご参照ください。





| トラックバック(1) |2010年8月20日 07:58

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/724

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 大人の観光。まつり前 岸和田城下町について。その1:

» 問題は評価軸。まつり前 岸和田城下町について。その2 from アウトドアをまちづくりに!
大人の観光。まつり前 岸和田城下町についての続きです。大人の観光を目指す理由は... [詳しくはこちら]

大人の観光。まつり前 岸和田城下町について。その1