世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  思い出アルバム手法のまちづくり、再び。

思い出アルバム手法のまちづくり、再び。

思い出アルバム手法のまちづくり、再び。

2年前、京都東山で開催した「思い出アルバム手法のまちづくり」、今改めて岸和田城下町にてお手伝いしております。今度は少し期間を長めに設定した写真展形式で、内容的に見て、京都で実験したものより話題喚起につながりそうで、今から楽しみです。

思い出アルバム手法のまちづくり。昔の写真を持ち寄ってもらって、その写真についてさまざまな記憶、物語を話し、共有するなかから、今住まうこのまちの未来について話し合う。カンタンに解説するとそういった試みです。これには思い出を楽しみながらお話してくれるおばちゃん、おっちゃんが不可欠です。

今回は約50年前の岸和田城下町の写真が発見され、以前からのものとあわせ、戦前、戦後、昭和(岸和田の場合、紡績で勃興した時代にあたる)と豊富なコンテンツがあうこと。そして運営サイドに強力なおばちゃん、おっちゃんボランティア組織があること。この2点が極めて面白いのです。

記憶、情報の固定方法を「つぶやき」という言葉に集約し、写真の下にノートを設置。ボランティアグループのつぶやきを書き溜めておいて、来場者がそのつぶやきを閲覧、そして参加する仕組みです。もちろんこれらの情報はデータベース化を予定しています。

はたしてどんな「つぶやき写真展」になるものか・・・経過は追ってご紹介しますね。

●関連エントリー
「京都創世 思い出まちづくりフォーラム」08.03.15
「まちかどアルバムという手法」08.03.03
「京町家のショーケースを使って」08.01.22
「まち歩き京都、せんべいの種?」07.11.27




コメント(2) | トラックバック(0) |2010年7月 5日 05:53

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/708

コメント

行きたいです。岸和田の城下町。京都の時の参加、写真を囲んでのおしゃべり楽しかったです。また会いたいラムネ屋さんと数珠やさん。

まめさんへ

毎度です。ぜひおこしください。写真展は1ヶ月くらい開催するんですが、それとは別にいろいろなウォーキングやります。
オモロイ回をまたお伝えしますので、ぜひご参加のほど。

思い出アルバム手法のまちづくり、再び。