世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  青石畳通りと有形登録文化財、美保館

青石畳通りと有形登録文化財、美保館

青石畳通りと有形登録文化財、美保館

友人の草ちゃんルミちゃんが挙式を上げた、美保関、美保の松原にある美保館です。雨に濡れると青色に輝くという青石畳通りをはさんで、両方二棟が国の有形登録文化財になっております。この唐破風のカッコええこと・・・素敵な佇まいです。

現在の正面通りは海岸線にあり、港との境界は車による交通体系が中心です。だからビュンビュン車は走りすぎ、歴史的に多くの観光客が通過したことでしょう。美保の松原は昭和40年〜60年ごろ、団体旅行のピークを迎えたはずです。そして斜陽・・・

その表通りの発展・衰退の裏側に、石畳が丁寧に残されていたのでしょう。これは古来からあるフネの交通体系に基づいた生活の道でした。美保神社は舟運の神様ですもの。そして今、この手を入れなかった(舗装しなかった、改築しなかった)石畳や木造家屋が注目されるわけです。よく残してくれたものです。

美保館近所の船小屋 すぐ隣の泊りには・・・

こんな素敵な船小屋も石畳(港)のうえに鎮座しています。フネが中心の暮らしを思い巡らすことができます。茅葺屋根もそうなのですが、保全する、再評価するタイミングというのには絶妙なものがあるのだと、改めて教えられます。これが“ええもん”として認められず、消失してしまったら、日本は本当につまらなくなってしまうでしょう。

美保関方面に足を伸ばされた折、この青石畳通りと有形登録文化財、美保館周辺、ぶらぶらされることをおススメします。

●関連リンク
「美保館」




| トラックバック(0) |2010年6月22日 06:33

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/703
青石畳通りと有形登録文化財、美保館