世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  川で学んで欲しいもの・・・小学生低学年へ

川で学んで欲しいもの・・・小学生低学年へ

川で学んで欲しいもの・・・小学生低学年へ

1)水が流れていること。すなわち川であること。
2)石は丸く、つるつるして歩きにくい。注意が必要なこと。
3)生き物がいっぱいいること。水の中、水中の石の裏側、
  水面、そのすぐ上の空間、見上げると見える木々のなかにも。
4)生き物を捕まえることができること。殺すことができること。
5)釣りしたり泳いだりしたら、おなかが空くので休憩すること。

とりあえずこんなところでしょうか?
約3時間の川釣り初挑戦。エサはクロカワムシ(うじゃうじゃおった)、釣果はアブラハヤ2匹。一応アマゴを狙ったつもりですが入漁料を払っていないという後ろめたさから、あまりマジメに釣りしませんでした。

次のステップは「川の流れ」や、「生き物どうしの関係」といったところでしょうか?朝夕にはカゲロウが飛びはじめており、捕食・逃亡・産卵の生存競争がとてもドラマチックですね、このシーズン。

●関連エントリー 小学校低学年と釣りに行こう!
 ○ハゼ釣りに高じる 09.09.22
 ○5歳児スペシャルでガシラと対面 09.06.10
 ○軽量キャンプで海釣りだと 09.05.29
 ○海釣りで失敗してひらめいた! 09.05.08





コメント(2) | トラックバック(2) |2010年5月11日 06:43

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/679

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 川で学んで欲しいもの・・・小学生低学年へ:

» 小学校低学年と防波堤で五目釣り from アウトドアをまちづくりに!
3泊4日、日本海で休暇をいただいて何をしていたかというと、ズバリ小学校低学年と... [詳しくはこちら]

» ゴカイをつけて投げ釣り。それらしくなってきた from アウトドアをまちづくりに!
小学校一年坊主、ゴカイに針を刺しております。真剣そのもの、こういう集中力が学校... [詳しくはこちら]

コメント

川遊び、磯遊びアウトドアーにはルールが必要ですね。ルールには自然との調和と、自身の安全が有ると思います、何が危険で何をしたらいけないか、ゴミの持ち帰りやリリース等。
夏が近づくとセミの鳴き声にウンザリですが、捕まえても夕方には逃がしてあげてくださいね、
虫かごを持っている子には声をかけたいですね。

小学校低学年の場合は、まず何がうれしくて良い状態なのか、そこら編の絶対的な基準を作って欲しいものです。まず、多様な生物がせめぎあって暮らしていること、いろいろな命があること。
そして自分にも同じ命があること・・・でしょうか。もうすでに小さい手のひらで、バンバン小さな昆虫やカエルなどを殺し始めています。そろそろ罪悪感を感じているみたい。いい感じですよ。


川で学んで欲しいもの・・・小学生低学年へ