世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  重伝建、湯浅のせいろミュージアム。湯浅商工会TMO

重伝建、湯浅のせいろミュージアム。湯浅商工会TMO

重伝建、湯浅のせいろミュージアム

和歌山県唯一の重要伝統的建造物群保存地区、2006年に仲間入りした湯浅。海沿い、熊野古道沿いという歴史的拠点であり、さらに醤油発祥の地でもある景観保全区です。醤油の醸造元が立ち並び、黒っぽい木造住宅からはプーンと醤油のほのかな香りが漂います。

湯浅商工会TMOでは果敢なまちづくりの取り組みが進んでいました。結構広いエリアなのですが、徒歩周遊を促す試みとしての「せいろミュージアム」。主に保全対象の個人宅を対象として、写真のようなせいろに民具や昔のアクセサリー、生活小物を展示していますね。

せいろ・・・というよりはトロ箱や枡、桶など任意の意匠でまちなか探索の魅力を引き上げています。重要伝統的建造物群保存地区といえども、構造的な解説やガイドトークを必要としない、まさに通過する来訪者は実は大勢おり、そういう人たちの目を和ませ、まちなみの雰囲気を伝えることに成功しています。

湯浅のせいろミュージアム 町名サイン
 町名サインも参考になります。

湯浅商工会TMOによる試行錯誤が容易に想像でき、いいセンスです。統一感がありますね。重伝建、湯浅のせいろミュージアム、侮れません。湯浅商工会TMOは景観保全団体ではないわけで、基本は商工振興にあるわけです。まず「湯浅」を知ってもらい、通過してもらい・・・商品購入に導かなくてはなりません。

湯浅商工会TMOのがんばりようはGoogleあたりで「湯浅 醤油」と検索してみてください。いい感じで各々醤油醸造元が競走しております。このあたりのインキュベーション、大変参考になりました。

●関連リンク
「湯浅商工会TMO」




| トラックバック(2) |2010年4月21日 06:42

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/668

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 重伝建、湯浅のせいろミュージアム。湯浅商工会TMO:

» 気分を害す、重要伝統的建造物群保存地区の例 from アウトドアをまちづくりに!
重要伝統的建造物群保存地区、いわゆる重伝建に認定されているまちの着地型旅行商品... [詳しくはこちら]

» 重要文化財見学マナー12箇条 from アウトドアをまちづくりに!
重伝建周辺での観光ルールの検証中なのですが、「重要文化財見学マナー12箇条」な... [詳しくはこちら]

重伝建、湯浅のせいろミュージアム。湯浅商工会TMO