世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  新入学時の名前書き

新入学時の名前書き

新入学時の名前書き

小学校ご入学の準備・・・名前書きですね。自分が小学校に入学したとき・・・思いおこせば昭和47年の出来事になるのでしょうか?同じようにやった記憶があります。オハジキとかに「くそマジメ」に、一枚一枚シールを貼ったり。同じことを今もやっています。

高度経済成長のころ、真新しい教材や教科書は宝の山のように写りました。憧れのモノにあふれていました。だから新入学の名前書きは、ものすごく新鮮な行事だったのかもしれません。平成は・・・もっとモノにあふれております。そしてそこには一段とひどい大量消費があるだけで、どうしても名前書きが楽しいものには見えません。

教材や教科書を共有のものにしたほうが、モノを大切にする気持ちを育んでくれるのでは?コモンズの発想ですね。まあ、小学校現場ではそうもいかないのでしょう。全地球的視点で見ると、小学校に行けない子供たちの方が多いわけで、そう考えると日本の、平成の子どもたちはなんてユタカなことか・・・。

そのうち、ゆとり脱却20数パーセント増量(なんかお徳感がある?)の教科書も届くでしょう。子ども以上にワクワクしつつ・・・ウチの家にも春が来ています。





コメント(2) | トラックバック(0) |2010年4月 2日 07:30

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/655

コメント

微笑ましいと言うか、見ているものまで和みを感じます。
入学式、晴れて桜なんか舞ってるといいですね。

モノが無い時代がいい・・・とはいいませんが。
まあ、入学式は入学式なのでしょうね。


新入学時の名前書き