世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター視察

堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター視察

堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター

今年4月にオープンする、堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターをお忍びで視察しています。天然芝5面、人工芝17面(うち8面はフットサルフィールド)という相当な規模で、ぐるっと一周回ると2キロぐらいになるという広大な施設です。しかも利用料はお安い・・・。

サッカー日本代表チームの練習誘致や全国規模のサッカー大会を開催する・・・そういった狙いということ。すごいものができますね、泉州、堺。写真はサッカーフィールドではなく、併設されているセンター広場。ここも天然芝です。ここだけでもリフティングの大会ができそうな感じ。

この埋立地は元大阪ガスさんの敷地、対岸はその昔、新日鉄があったところでしょうか?あそこはサラ地になった直後、アウトドアイベントができないかというので、20年近く前でしょうか、視察したことがあります。その埋立地には現在、シャープの工場が作られています。ウォーターフロント開発っていう言葉がありましたね、日本は変わってきました。

堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンターも大勢の方が利用して、盛況になればいいですね(どこか醒めてる・・・)。大阪市の舞洲、夢洲なども利用者が多そうなのですが、いざ埋立地に立つと亡としてしまいます。何ともいえません。

●関連リンク
「堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター」




| トラックバック(0) |2010年2月26日 06:34

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/630
堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター視察