世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  漁港のなかにうまい店。漁師家「幸」

漁港のなかにうまい店。漁師家「幸」

漁港のなかにうまい店。漁師家「幸」

うまそうなタコでしょ?はい、おいしゅーござい。甘い獲れたてのタコ・・・大阪湾岸和田の幸です。大阪湾侮れませんね、こんなタコ食べた日には。ここは岸和田漁港のなかに誕生した、元漁師さんが包丁を振るう素晴らしいお店、漁師家「幸」です。今年の一月にオープンです。

というのも・・・一年ほど前、このお店の“前の店”に失意落胆したことがありました。覚えていらっしゃるでしょうか?「魚市場のメシ屋で、サカナが食えるとは限らない」という記事でした。穴子丼は美味しかったのですが。

あの記事が影響した(ないない!)のかどーかは分かりませんが、大阪湾の漁港周辺にこういったお店が増えること、大変期待しております。やっぱり「ココへ来なければ食べれないもの」、これが一番です。お店の詳しい情報は「岸ぶら」の記事をご覧くださいね。

●“必ずしも旨いとは限らない”関連エントリー
「大阪市役所の食堂(新)も、また・・・」
「名産というソバが、旨いとは限らない」
「魚市場のメシ屋で、サカナが食えるとは限らない」




コメント(1) | トラックバック(0) |2010年2月 3日 07:25

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/615

コメント

是非行ってみたいです。
ところで、「渡邉です」と言えば、つけはききますか?
それとも割り引きとか???

漁港のなかにうまい店。漁師家「幸」