世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  ランチ1200円の店は苦戦していた。

ランチ1200円の店は苦戦していた。

100216.jpg

但馬牛が自慢のステーキ屋さん・・・かなり昔からあるとにらんでお昼を頂きに。まあ、めったに牛肉は食べないのですが、たまにはという感じでハンバーグランチ1200円を注文。美味しいじゃあ、あ〜りませんか。ステーキを手でたたいて作った、ミンチではないハンバーグです。

こういうのは下手にソースをつけるのではなく、そのまま肉のお汁を白ごはんとともに食べます。お肉に隠れてシイタケが入っております、大将、エエ仕事しています。しかしお店にお客はいません。私が食べている間も、誰も入ってきません。

そりゃそうでしょう、1200円はいくら美味しくっても、時流ではない。300円台のお弁当が売れているわけですから。もちろん、まちなかの「美味しいお店」なら、そんななかでも1200円ランチは売れると思います。郊外においては・・・ファンの絶対数、分母が足りません。

このアタリの単価帯で勝負しているお店にとって、近年の寒さは相当響いています。1200円ランチ、値下げせずあえてがんばって、維持とポリシーと美味しさを継続していただきたいものです。マーケットに適合していない?果たしてそうでしょうか?仮に、このお店が半値の600円のハンバーグランチを提供したとして、それは飛ぶように売れるのでしょうか?

安い、高いだけで物事や生業を判断できるほど、私はまだまだ人間ができておりません。




| トラックバック(0) |2010年2月16日 06:35

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/623
ランチ1200円の店は苦戦していた。