世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  6歳児、荷物置きの台で立ち食いうどん

6歳児、荷物置きの台で立ち食いうどん

6歳児、荷物置きの台で立ち食いうどん

「小さい子どもは、こうやって立ち食いうどんを食べる」と聞いたことがありました。まあ、あえてそのように食べろ・・・というのも何なので、何も言わず立ち食いうどんを空に差し出すと、やっぱりそうしてはりました。6歳児、荷物置きの台で立ち食いうどんを食らう。

立ち食いうどん、そば屋に連れて行くのは初めてでした。空さんははっきり食べにくい模様です。
「なんで立って食べるのん?」
と、言い出しそうな気配です。

ふと思うに・・・私が子どもの頃、立ち食いうどんに連れて行ってもらった記憶がありません。気がつけば中学生ぐらいのときに、自分で小銭払って食べていたような。幼児期に母親と商店街で座って食べた記憶は何回もありますが。昭和40年代って立ち食いうどんは、まだ珍しかったのではないか?お行儀が悪かったのではないか?

まあそれはどうでもよろしい。そのうち空も立派に立ち食いできるようになるでしょう・・・お行儀よく。コンビニ前で座って食べるのだけは、断固として止めさせようと思ったりしつつ。時代の変化かなぁ・・・?





コメント(2) | トラックバック(0) |2010年1月20日 06:32

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/606

コメント

おおおおおっ!
本題は別にして、「6歳児」に成ってる!?
空君、遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。

毎度です。おかげさまで今春小学生です。
しかし未だ、たまにオネショします。あきません。

6歳児、荷物置きの台で立ち食いうどん