世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  SELECT w1エルゴ。パドルの愉しみ

SELECT w1エルゴ。パドルの愉しみ

SELECT w1エルゴ。パドルの愉しみ

わたなべ仕様、トポリノを意識した少し長めの194cm35度、SELECT w1エルゴファイバーグラスを手に入れてじっくり試して愉しんでおります。通常のファイバーグラスに比べて成型後の剛性が高“TEXALIUM”プリプレグという、アルミニュームコーティング(繊維の一本一本に)が特徴的です。

パドルの選択で「キャッチ」と「ヌケ」といった言葉を使うことがあります。キャッチが良いというのはストローク(漕ぐ)時に、ブレードの広い面積で大きく水をつかめるという感触でしょうか?反面、梃子の要領で腕には負担がかかります。

ヌケというのは水中でブレードを回転させて、抵抗をかわすときの切れ味といったところでしょうか?水中ではキャッチとヌケ、両方の効果が求められます。ブレードの裏も表も使いますので。SELECT w1エルゴの場合、このヌケの方のバランスが良いように思われます。もちろん軽くて丈夫という利点を残して。

また、私のようなひ弱なものでも扱いやすいスモールシャフト(断面は楕円形)であることも重要です。という感じで3回ほど漕ぎまして、SELECT w1はなかなかよろしい。ヌケのよさは水中で、水の流れをたっぷり感じることができます。来シースンはこいつで愉しませていただきます。

●関連リンク
「The Rival」

●関連エントリー
 ○「SELECTパドルW1 ERGOをお試しする」
 ○「ザ・ライバル武村さんの考えるパドルスポーツ」
 ○「パドルを買うのも勇気が必要でして」




| トラックバック(0) |2009年12月30日 08:10

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/591
SELECT w1エルゴ。パドルの愉しみ