世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  銘木の廃材に再び命を吹き込めないか?

銘木の廃材に再び命を吹き込めないか?

銘木の廃材に再び命を吹き込めないか?

先代、先々代が植えてきた樹木に敬意を払い、その資源の有効活用を模索されている・・・吉野林業のむら黒滝村には、自然木の磨き丸太などのいわゆる銘木店が目立ちます。林業の構造変化のなかで、高付加価値商品を提供することでその業態を維持されてきたわけでしょう。

現在、個別の銘木店においても、林地廃材を活用した自然木利用が進んでいます。分かりやすく言うと、曲がった木や枝や節の部分が残った部分も、個性的な商品として磨き上げ販売されているわけですね。まさに林業資源の有効活用です。

しかし、さらに続きがあります。そんな曲がった、節のある個性的な銘木でも、出荷する際にはどうしても廃材が出ます。その廃材が上の写真です(クリックで拡大)。きちんと磨かれていますね、美しい。磨かれた面の反対側は完全にフラットに切断された状況です。この廃材を、さらに活用できないか・・・それを検討しているのです。

この廃材・・・このままいくとペレットやチップにして再活用されます。しかしそれでは“もったいない”わけです。本当に手のかかった自然木なのです。もう一度この銘木の廃材に、命を吹き込むことができないものか・・・?こちらも引き続きアイデアをいただきたいと思います。

●関連リンク
「自然木の徳田銘木 」
●黒滝村関連エントリー
「ヒノキの木玉?木霊?黒滝村の素敵なもの」
「ちぐさ索道で行く林業観光!黒滝村」
「黒滝村で串こんにゃくを立ち食いせよ」




コメント(2) | トラックバック(12) |2009年12月10日 10:39

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/577

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 銘木の廃材に再び命を吹き込めないか?:

» 瀧光寺、雪の鐘門。黒滝村の槙尾 from アウトドアをまちづくりに!
雪降る黒滝村の奥のほう(奥というのは失礼な表現か)、トコトコ歩いていると立派な... [詳しくはこちら]

» 雪の黒滝村、いとおしい「とんど祭り」 from アウトドアをまちづくりに!
夜の打ち合わせ前、少し早めに現地黒滝村に入って、恒例のとんど祭りをのぞいてきま... [詳しくはこちら]

» 黒滝村のヒノキの木玉、子育てサークルでどう使う? from アウトドアをまちづくりに!
黒滝村の森から切り出されたヒノキ、スギ、コウヤマキの木玉たち。これにどういった... [詳しくはこちら]

» 黒滝おもしろ体験の体験 from アウトドアをまちづくりに!
味のある炭焼きのイラストでしょ!?大昔から伝わる生活の技、林業に関わる生業を今... [詳しくはこちら]

» 国産天然木製の自立式サイン・誘導看板 from アウトドアをまちづくりに!
黒滝村の天然杉を使った木製自立式サイン、誘導看板です。大きな半紙に墨で筆書きし... [詳しくはこちら]

» 黒滝村で炭焼き体験、もくもく山里炭工房 from アウトドアをまちづくりに!
黒滝村おもしろ体験の体験、やってまいりました。写真は黒滝村の炭焼き体験、もくも... [詳しくはこちら]

» 杉の葉染め。杉の里工房、黒滝村 from アウトドアをまちづくりに!
もともと吉野杉の産地である黒滝村。豊富な林業資源のなかで廃棄されてしまう杉の葉... [詳しくはこちら]

» 山野草苔玉作り体験、百貝ヶ岳野草園 from アウトドアをまちづくりに!
苔玉とか盆栽とかええなぁーとつぶやいていたら、めぐり合わせで奈良県黒滝村、百貝... [詳しくはこちら]

» 林業観光のおみおやげ開発 from アウトドアをまちづくりに!
貴重な現金収入という意味でお土産、おみやげ開発は重要課題です。まだカタチが漠然... [詳しくはこちら]

» 黒滝村の天然木おもちゃプロジェクト from アウトドアをまちづくりに!
私も所属している任意団体、子どもとあそびのネットワークの重要キーマン、「チャイ... [詳しくはこちら]

» 回す、転がす、刺す・・・天然木の木玉おもちゃ from アウトドアをまちづくりに!
黒滝村の天然木おもちゃプロジェクト、モニタリング調査です。20組の未就学児童を... [詳しくはこちら]

» 田舎で売る価値、まちで売る価値 from アウトドアをまちづくりに!
ご覧の通り木屑、削りカス。さまざまなタイプの黒滝村産スギの木屑を、いわゆるボー... [詳しくはこちら]

コメント

ご無沙汰です。
私、木工細工好きですのでこんな木を見ているとわくわくします。
今思いついたことは、木製のランチョンマット(正式名忘れました)御屠蘇の酒器の台にもいいかもそして、檜なら香りがいい(私大好きです)ので照明やお風呂用グッズその他看板、椅子(ウッドデッキ用?)手間かかりすぎかな?

あらら、奥さん、コメントありがとうございます。

この銘木について、その後もアイデア募集中です。
お正月ではそうですね、三宝というのはヒノキでできておりますね。ヒノキつながりはだんじり。どこか黒滝と岸和田も繋げることができるのではないかと・・・

銘木の廃材に再び命を吹き込めないか?