世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

流木にドキドキしてしまう

流木にドキドキしてしまう

フジの蔓だと思うのですが、この局部・・・樹皮といいましょうかスジがすごいことになっていますね。なんとなく川の流れみたいでしょ?ながく水に洗われ、削られたから、川の流れを刻み込んだのでしょうか?とってもフラクタルな造形・・・。

カヤックの途中、川の中州や川原で休憩している折、何の気なしにカッコいい石や流木を持ち帰ることがあります。この流木、フジの蔓も先日京都由良川の源流部で見つけたもので、ゴールで3時間ほど遊ばせていた空に土産として持って帰ったもの。

ヨーダの杖
全体像はこんな感じ。こいつが持つとヨーダの杖みたいですね。
「カエルになぁ〜れ!」とか叫んでおります。

拾ったときは意識しませんでしたが、乾燥させて自宅で改めてみると、その奥深さに感心してしまいました。川原でキャンプしているときは、恐らく全く意識せず、こんな美しい流木もポイポイ焚き火に入れてしまうのでしょう。要は視点ですね。何ともいえません。





コメント(1) | トラックバック(0) |2009年12月 8日 06:12

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/574

コメント

視点に感心しています。

流木にドキドキしてしまう