世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

のぞき眼鏡復活

のぞきメガネ復活

のぞき眼鏡・・・なんとなく卑猥な響きですが、自慢のアウトドアグッズなのです。一片を口でくわえて腰まで川に入り、お魚を射止めたり観察するアウトドアグッズ・・・というか伝統的な日本の郷土玩具「箱めがね」です。

四国仁淀川では地域独自の鮎釣り方法があり、短い釣竿とこののぞきメガネを使って「見釣り」をされます。ですので仁淀川周辺の釣具店ではこの箱めがね、古式水中眼鏡が今でも入手できます。私も伊野町の釣具店で購入したものを十年近く愛用しております。

ところがですね、先日櫛田川で親子キャンプした折、空に大切なガラスを割られてしまいました。いわゆる「組み物」になっており復活はあきらめかけていたところ、近所のガラス屋さんにダメモトで相談したら「直してあげまっさ」ということに。

ついでに今後の破損防止として1.5ミリ厚だったガラスを、倍の3ミリ厚に変更。シリコンを縫って復活してくれました。頼んでみるものです。ガラス屋さんが近所にあって助かりましたわ。のぞきメガネ、まだまだ使えそうです。




| トラックバック(0) |2009年10月20日 06:36

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/542
のぞき眼鏡復活