世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  秋晴れ琵琶湖の北、高時川

秋晴れ琵琶湖の北、高時川

秋晴れ琵琶湖の北、高時川

(クリックで拡大)琵琶湖に流れ込む高時川です。しばらくぶりに訪問・・・どうもここへ行くときはいつも女性メンバーが少ないのは気のせいか?今回は70代、40代後半が二人と中高年三人。もう壮年(笑)カヤッカーで言葉数が少ない。

言葉数が少ないのは、この川の景観の良さにも起因します。山が良い、緑が良い。川から観た景観が良いのです。野鳥もびっくりするぐらい多いですね、さすが照葉樹混生林。しかしここも、丹生ダム計画が進んだなら湖底に沈むことになったでしょう。まずは未着手よし。

ちらりと地域の方とオハナシをすると、それでも「ダムができれば川はもっと良くなる」ということでした。良くなるという言い方にもいろいろあるとは承知(さすが壮年!)しておりますので、「そうですか」と普通に相槌。ただただ、川から見える景観に酔わせていただきました。

しかしこの川のどこに、145mもの堰堤を作るというのだ・・・

●関連エントリー「川から見た景観」
「北山川の日高川層群、川から見る。」
「高時川、照葉樹の森を漕ぐ」
「熊野川の真骨頂は、やっぱり小松から下」
「舟歌は絶滅危惧種の音景観」
「この国が求める、河川環境の楽園とは」
「笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ」
「聖牛(せいぎゅう)ってご存知?川から見た風景」
「川からの景観、和船のある風景」




| トラックバック(4) |2009年10月 8日 07:24

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/536

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 秋晴れ琵琶湖の北、高時川:

» 京都美山川、紅葉狩りカヤック from アウトドアをまちづくりに!
法事と仕事の合間に半日お休み、ずる休み。トポリノをクルマに縛り付けて北へ、北へ... [詳しくはこちら]

» 川のチカラ、昭和の地層 from アウトドアをまちづくりに!
360cc、軽自動車だと思いますが、原型は全く推測できず・・・ぺしゃんこになっ... [詳しくはこちら]

» リセット。やっぱり川です、私 from アウトドアをまちづくりに!
ようやくといいますか、実質3ヵ月半ぶりに川で漕げました。丹生ダム建設でゆれ、照... [詳しくはこちら]

» 和船へのあこがれ from アウトドアをまちづくりに!
和船にあこがれます。川でも、海でも。艪ってこいでみたい、そして当て山なんかを実... [詳しくはこちら]

秋晴れ琵琶湖の北、高時川