世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  背中が似ているというのは奇妙な感覚

背中が似ているというのは奇妙な感覚

090929.jpg

はい、左が次男で右に座っているのが長男です。・・・ウソです。

しかしまあ、親子の背中が似ているというのは自分で確認できないだけにピンと来ませんが、こうやって写真で見せられると、ようやく納得できますね。何ともいえません。

川にガバダン置いて、膝下を水につけて読書。空がいなければ、お酒を飲みながらいつまでもこのまんま。昔どこかの広告で見たような遊び方ですね。

一泊二日、三重県のヒミツの川原でゆっくり遊ばせていただきました。この時期はムシも少なく、暖かい日差し、ほどよい風もありキャンプには最適ですね。こんな川原、誰も来ないきれいなところが、もっと近くにあればいいのに。





コメント(1) | トラックバック(0) |2009年9月29日 06:27

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/529

コメント

三重県ですか?
羨ましいですね。
私もそんな暮らししてみたいです。(笑)
でもそこには、クリーニング屋の需要は無いでしょうね。

背中が似ているというのは奇妙な感覚