世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  今年最後の修学旅行ちんどん屋体験

今年最後の修学旅行ちんどん屋体験

今年最後の修学旅行ちんどん屋体験

大阪体験・・・ちんどん屋体験、コリアタウンプログラム、今年最終分を昨日無事遂行しました。今年は例年より実施校は少なく合計400人未満。やはり流行性疾病の影響は否めませんでした。

中学生の場合トップシーズンは5月6月。9月のこの時期での開催は「すでにクラス作りができて」おり、大変和やかに、そして主体的な生徒の姿が目立ちます。ですのでプログラムは非常に充実したものになります。写真はちんどん屋体験。ご指南役の東西屋さんのアシストのもと、室内でパレード練習のひとコマです。

ちんどん屋は宣伝する“対象”が不可欠で、本プログラムでは参加する中学校の住まう地域などの宣伝をします。旅に出かける前に自分たちの地域を改めて学び、訪問先である大阪空堀商店街でそれを披露(ちんどん屋)する。この構造そのものがちんどん屋体験の核になっています。旅を活用した優れた学習なのです。

昨日の中学校は地域の宣伝・・・というよりは自らの学校の素晴らしさ・・・「やさしい先生がいる」、「制服がかわいい」、「生徒がみんなキラキラ」といったメッセージを発信してくれました。これは珍しいケースで、そんな風に自分たちの学校を肯定的に発信できるということは、実に素晴らしいこととうらやましく鑑賞できました。

うちの体験は、決してタイケンでは終わりません。来シーズン、さらなる充実のためにがんばります。

●関連エントリー
 ○「ずいぶん賑やかになった生野コリアタウン」
 ○「ひと、まち、くらし…修学旅行プログラムの最先端」
 ○「京都のまちなか修学旅行」
 ○「上方落語体験」
 ○「コリアタウンでお勉強」
 ○「上方講談入門講座」
 ○「ちんどん屋体験」




| トラックバック(0) |2009年9月16日 06:49

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/522
今年最後の修学旅行ちんどん屋体験