世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  奈良吉野川、えばぐりラフティングが盛況

奈良吉野川、えばぐりラフティングが盛況

奈良吉野川、えばぐりラフティングが健闘

保母さんの団体ですね、ラフティング。ほかの個人客もあり、4艇ラフトが出ていました、奈良吉野川えばぐり(エバーグリーン)社のツアー。夏休みのピークは過ぎたのに、まだまだ好調とのこと。いやいや結構なことです。

えばぐり、奈良吉野のラフティングには他社に無い特徴が確認できます。まずラフティングの本場ともいえる四国吉野川(大歩危・小歩危)とは全く異なり、ハッキリ、たいした激流ではないこと。これはマイナス要素ではありますが、リスクが低くなるという意味ではメリットです。

同じ理由でファミリーの参加が可能ということ。子ども4歳児以上で一緒に乗れるラフティングは、ほかには多くありません。さらにコストパフォーマンスにおいても手ごろな料金体系。安価、安くて安全、みんなで参加できます。人気の理由。

次に近さ、近場。本州四国連絡橋を使う必要が無い。また、大阪府南部、奈良県中和部に増加する新興住宅地といった新商圏に隣接している点。朝8時台に集合して余裕で集合。さらにもう一つえばぐりラフトの特徴をあげるなら、ベースとして快適な「バンガローカルディア」を使っていること。食事、入浴、駐車場などユーティリティーが優れたカルディアさんと協調関係にある点です。

1000円高速による地域活性が叫ばれるなか、全くそれとは関係の無い奈良吉野川という近場のラフティングが健闘していると・・・。喜ばしい反面、何ともいえない側面がありますが、まあ、えばぐり(エバーグリーン)がんばってます。マーケティングの勝利でしょう。

●関連リンク
・キャニオニング、ラフティング、ハイキング、スノーシューであそぼ!
 「エバーグリーン(えばぐり)」

※お申し込みの際、「渡邉の紹介」とお伝えください。手数料が弊社に入ります(うそうそ)。




コメント(2) | トラックバック(0) |2009年9月15日 06:18

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/521

コメント

私達にとって、「あの場所だ!」
川っていろんな遊び方が出来るんですね。
子供達の笑顔が全てを語っていますね。
今後とも活躍を期待しています。

のんちゃんへ

そうですあの場所でした。
またお越しやす。
ちなみに写真は子ども達ではなく、
子どもたちのお世話をしている
保母さんたちでした。


奈良吉野川、えばぐりラフティングが盛況