世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  試験曳きに見るだんじり産業。岸コレ

試験曳きに見るだんじり産業。岸コレ

試験曳きに見るだんじり産業。岸コレ

岸和田だんじり祭を目前に控え、「試験曳き」が開催されました。祭礼期間の19日(土:宵宮)、20日(日:本宮)はほとんどのお店、商工業がお祭りに参加、もしくは見物に回るため、閉店します。しかし、この試験曳きの日は、大いなるビジネスチャンスなのです。

だんじり産業というと、彫り物を含むだんじりそのもの(ブレーキなど技術分野にもおよぶ)に関わる業界、祭礼衣装、お土産、だんじりグッズなどに広がります。なかでも祭礼衣装は巨大なマーケットなんですね。

連日長時間におよぶ激しい祭りに耐久できるヘビーデューティーさが問われる、だんじり祭の祭礼衣装。写真の「伸縮性股下」や「エアクッション入り地下足袋」などはヒット商品であるとともに、単価帯の高い高付加価値商品。これらが岸和田で開発・販売され、よく売れています。

試験曳きの日は、やはりだんじりの細部が分かるマニア層が来訪すること。また岸和田だんじり祭(九月祭礼)に続く、十月祭礼(岸和田はもちろん、泉州一帯でのだんじり)関係者が多く見物に来るからなのでしょう。次に“わが町のだんじり”を曳く方々が、先行して開催される岸和田だんじり九月祭礼を凝視し、注目する構図があります。

パリコレならぬ、岸コレ。うちの近所の地蔵盆のときも、近所のおっさんが言うてました・・・「足袋買うねんやったら岸和田から取り寄せや!高いけどあれはええ。」だんじりに限らず、裾野はもっと広いということですね。

●試験曳きB級グルメ案内はこちら→ 岸ぶら「岸和田だんじり祭」仕様




コメント(1) | トラックバック(0) |2009年9月 8日 06:50

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/516

コメント

岸和田発!なんですね。
物も情報も金も!

岸和田って凄いやん!

試験曳きに見るだんじり産業。岸コレ