世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  200余年続く「寄り合い」を見た!

200余年続く「寄り合い」を見た!

200余年続く「寄り合い」を見た!

地域振興に関わるものは、その事業のアクション段階で必ず「寄り合い」というものを体験します。体験どころか、事業の進み方によっては夜毎の参加が必要になり大変消耗・・・いえいえ、手腕の見せ所となるわけですね。

まちづくり観光の最も肝心な部分が「寄り合い」であって、そのなかでの合意形成が核心になります。よくもまあ、こんな仕事を選んだものです。と、そんな感じで「寄り合い」は当方も慣れておりまして、そこそこ対応のパターン化ができてしまい、まあいつでもドキドキなのですが、少しだけ客観視できるぐらいの余裕はあります。

そんな私ですが、このほど200年以上続いているという「三郷の寄り合い」を取材しました。200年・・・毎年9月1日に開催されている大〜変由緒ある寄り合い、合意形成のプロセスです。取材なので“傍観OK”。慎重に観察できました。

レポートは「速報!宮入順、パレード順。三郷の寄り合い」こちらを読んでくださいね。祇園祭あたりなら、もしかしてもっと古くから続く寄り合いがあるかもしれません。改めて「寄り合い」を感慨深く学びました。寄り合いをなめたらいけません。





| トラックバック(0) |2009年9月 3日 06:24

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/514
200余年続く「寄り合い」を見た!