世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  新世紀まほろば塾、よそものの役割を提言す!

新世紀まほろば塾、よそものの役割を提言す!

090824.jpg

奈良県地域振興部 地域づくり支援課が主催する“まちづくり人材育成”を目的とした「新世紀まほろば塾」の一講座、先日奈良県立大学において“たっぷりお話”してまいりました。予定の教材を全てお話しするには話術が未熟。しかし、塾生の厚い熱意が伝わり、充実した時間をご提供できたのではないかと。

特にアウトフィッター、アウトドア事業者という「よそもの」が大変有効な人材であること・・・よそものが地域を客観的に読み取り、新しい価値(特に自然資源)を与えることができること。また、おのずからマネジメント、マーケティングを実施し、独自ノウハウを持っていること、強調してお伝えできたかと思います。

奈良県に限らず、全国のアウトドア事業者、アウトフィッターの皆さんから感謝していただきたいところです。誰も知らんでしょうけど。すこしでも、アウトフィッターの社会的な地位が向上すればいいのです。

まほろば塾の皆さんのこれから・・・とても期待が膨らみました。おそらく何らかの形で、塾生の皆さん(よそもの)とどこかで、私も改めて取り組みをご一緒するのではないかと想像しております。未来志向でありかつ、大変主体的な話ですね。塾生の皆さん、今後ともよろしくお願い申し上げます。

●関連エントリー
・「新世紀まほろば塾、奈良のアウトフィッターは受講せよ!」 





コメント(6) | トラックバック(1) |2009年8月24日 07:05

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/507

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 新世紀まほろば塾、よそものの役割を提言す!:

» きしわだ市民カレッジ、地域の魅力を発見します from アウトドアをまちづくりに!
地域在住者を対象に、主体的なまちづくり人材を育成するという動きが各地で開催され... [詳しくはこちら]

コメント

「よそもの」は大事なんですね。
大事にします。
市民カレッジでのお話も興味があります。

客人と書いて「まれびと」と読む。。そして「祝人(ほかいびと)」となりて村の鎮守となる。。

のんちゃんへ

最初はよそものですね。実は。
よそ者を拒否する壁がとても強くなったのは、近年のことかもしれません。

なかばさんへ
「ほかいびと」いいですね。折口さん?柳田さん?
現実的には「かわりもの」「ばかもの」「わかもの」も重要ですね。


まほろば塾生の吉田です。

大変興味のある講義をいい時期にお聞きした様に感じています。

初日に拝見した時に渡辺さんの輝いた眼は、何を見て来て、何を観ようとしているのか気になっていましたから・・・

講義は、経験知からのノウハウやコツを面白く折込まれて、共感できました。

まほろば塾は、あれから3つのテーマ(観光/地域再生/地域福祉)のグループに編成され、私は、観光班の班長に。

コンセプトは、「癒す奈良旅」です。
「エコ・ヒーリング・アート」を体験する心の癒しの旅の地図とコンパスを創造する取り組みが、今、始まった所です。
まずは、県内各地から集まった塾生との会合や計画を設定する折り合いからです。

これからも色々とお世話になります。
良き先駆者として、ナビお願いします。

次回、奈良にお見えになる時は、
是非、お知らせ下さい。
御相談したい事があります。


吉田さんへ

ご訪問ありがとうございます。
「癒す奈良旅」ですか?楽しみですね。でも、
癒すという言葉は突き詰めると良く分かりませんよ。私も未だに全く分かりません(失礼)。ご検討をお祈りします。

お祈りするとともに、やっぱり塾生の皆さんの取り組みが気になりますね。また一回覗きにいこうと思います。

仲良ししてくださいね。


渡辺様

おっしゃるとおり私自身セラピストとして
長年、癒し、癒す事に携わる者として、
痛感しているコトです。
言葉だけが、先行している気配です。
一つ分かっている事は、答えは、一つだけでない。という事ぐらい。

これから何が出来るかお楽しみに!
なんせ、講師の腕前次第のようですから。

こちらこそ仲良くしてくださいね。
お忙しところ、コメント感謝します。

吉田遊福

新世紀まほろば塾、よそものの役割を提言す!