世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  緑の恐怖、ワイヤール屋敷

緑の恐怖、ワイヤール屋敷

緑の恐怖

2階のベランダは、豪雨によって異様に成長したフジに占領されておりました。絡みついた触手のようなツルは、魔法植物のように背後から襲いかかってきそうです!これはまるで・・・緑の恐怖!ワイヤール星人に襲われた大村千吉のようにびっくりしてしまいます。ドドダダン、ダン、ダン、ドドダダダン・・・

魔法植物 フジのツタ
 ゲゲゲっ!雨戸から触手は侵入・・・

先のエントリー「主がいなくなって、フジは延びる?」の折、フジのつるは一旦断ち切りました(4月)。その後一回、草刈に6月後半に訪れたのですが、約1ヶ月で藤はこれだけ伸びたということになります。絶〜対おかしい。見知らぬ誰かがHB101でも散布しているのでしょうか?

お盆の準備で実家に立ち寄ったわけですが、どーにもこーにも自然界の異常を感じてしまいました。フジの成長っぷりはあまりにもすごいので・・・刈らずに置いておこうかしら。ここまできたらとことん繁殖してもらって、ワイヤール屋敷になってもいいかもしれません。




コメント(4) | トラックバック(0) |2009年8月 3日 06:18

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/494

コメント

あはは。
フジって悪者にされちゃいましたね。
でも自然界では、ちょっと違います。
フジを含め、つる植物はいろんなものに絡みます。
林や森に絡みつき、結果として全体を守ってくれるのです。
「マントそで群落」と言います。

言い換えれば、おうちの守護神です。
放置しておいて、10年後が楽しみです。

のんちゃんへ

10年ですか!10年。
本当にワイヤール屋敷ですね。それだけ放置すると。
いややっぱり、おうちは
自然のありのままにはしたくないです。


その分、涼しくなったりしませんか?家全体。

なかば@さんへ

お久しぶりです。
どうでしょうね、住んでないから分かりません。

冷却効果が如実にあるなら、
本庄西の我が家に株分けしてもって帰ることにします。

緑の恐怖、ワイヤール屋敷