世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  利益優先で語れない、田舎の経済

利益優先で語れない、田舎の経済

奈良町の和菓子

奈良町の和菓子屋さん、店頭で涼しくディスプレイされた和菓子があり、売れていました。人通りがあるから、陳列すればなくなっていくのではないでしょうか?売りたいから(売れればうれしいから)、うまく陳列する。来訪者もそれに呼応して買って帰る・・・。

売れればうれしいから、売るための努力をする。利益優先、ほかの店よりも売れる工夫をする・・・一見あたりまえのような「商行為」、「商売」なのですが、それがどこへ行っても常識であると考えてはいけません。田舎の経済はそれほど単純ではないのですね。

身内の目を気にする・・・どこかに客商売は“あさましいもの”という観点があり、来訪者に迎合して販売行為を強化すると、“そんなにまでして売りたいの?”と冷ややかな見られ方をしてしまう。ある意味、田舎特有の美意識なのかもしれませんが、利益優先、経済至上主義で語れない価値観があります。

写真のような工夫を凝らした演出、陳列をしようものなら、“あの店、必死で売りよるよ”、“お金がほしいんやて”となるわけですね。

観光客にとって、そんなことは知ったこっちゃありません。「何で積極的に売らないの?」という直接的な疑問を投げかけます。このミスマッチを理解しないままで、“おもてなしの向上”といった押し付けは、田舎に都会の価値観を強要することにほかなりません。

実は非常に消極的な売り方を好み、そのなかで近隣とのバランスを保とうとする田舎の経済。もしかしたら、これこそが保全すべき生活観なのかもしれません。そう・・・絶滅が危惧されますね。

●食文化の保全関連エントリー
 ○「産直販売の活性で交流機会を・・・」
 ○「東海美濃で『とんちゃん観光』」
 ○「お取り寄せと、地産地消と、」
 ○「くぎ煮のイカナゴ価格、異常な高騰」
 ○「伊勢うどんのパッケージ…長登屋さんについて」
 ○「有機野菜の元気が、まちの元気につながる綾町」
 ○「知られざる真鍋島 走りみこし味付のり」
 ○「いか飯コロッケに思うGWの道の駅」
 ○「熊野市紀和町でキジ(日本雉)を追う!」
 ○「岸和田でワタリガニ、ネブト、ジャコ、アナゴ」
 ○「まち歩き京都、せんべいの種?」
 ○「天然ウナギでまちづくりは可能か?」
 ○「おみやげに北山村のじゃばらドリンク」




コメント(2) | トラックバック(6) |2009年7月30日 07:08

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/492

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 利益優先で語れない、田舎の経済:

» 都市(市場)的な価値観の押し付け from アウトドアをまちづくりに!
「地域活性化・経済危機対策臨時交付金」のとき、総理府が紹介した全国の地域活性化... [詳しくはこちら]

» だんじりの昇魂式におどろく! from アウトドアをまちづくりに!
岸和田市下野町のだんじり昇魂式におどろきました。早朝の6時前よりおそらく万単位... [詳しくはこちら]

» 地域の魅力、学びあい、つながりあい from アウトドアをまちづくりに!
協議会の設立からはじまってモデルルート作成、雇用促進として観光ガイド育成、着地... [詳しくはこちら]

» 自然素材を活かした、おみやげのパッケージ from アウトドアをまちづくりに!
京都府美山町の農作物販売所ふらっと美山で見つけたおにぎりです。「水車米おにぎり... [詳しくはこちら]

» 美味なる海鮮丼、観光戦略の指標になる? from アウトドアをまちづくりに!
丹後半島で海鮮丼をご馳走になってしまいました。1500円。ブリに甘エビ、タイに... [詳しくはこちら]

» 自由競争がそぐわない、商店街の美徳 from アウトドアをまちづくりに!
簡単に言うと商店街の活性化、具体的には「シャッターを開けてもらう」お手伝いをし... [詳しくはこちら]

コメント

鋭い観察力には敬服します。

あらら、おやじさま
初コメントありがとうございます。

このエントリーで提言したような世界。これまで大きな声でお話してきませんでしたが、ちょっとこれからは自信を持って発信していこうかと考えております。

応援、よろしくお願い申し上げます。

利益優先で語れない、田舎の経済