世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

久しぶりに歩く奈良町

久しぶりに歩く奈良町

10年ぶりぐらいでしょうか?奈良町を歩きました。以前より、ずいぶんにぎやかになった印象です。その分、空家が目立つわけですがいたしかたありません。目立つという意味では政党ポスターがこれ見よがしに目立ってしまい、実に困ったもんです。

奈良観光、それも市内観光の核として、奈良町があってよかった・・・としみじみ思います。ここがなければ、奈良市の中心市街地はどうなっていたでしょうか?観光客が直接的にまちに影響するところ・・・奈良町出現以前は「無かった」わけですし。皆、お寺見て、美術館行って、奈良漬(しか買うもの無く)買って帰りました。

数箇所、奈良市がバックアップしているインフォメーション施設、いわゆるビジターセンター的な民家を紹介いただき、その運営費の規模にびっくり。奈良市の新市長は、当然このあたりを縮小せねばならないでしょう。「ぱーぷる」などミニコミや複数のショップが協働運営する、民間のインフォメーション施設もあり、プロパー運営との差を際立てていました。

さて次の5年、10年。奈良町にお住いの皆さんはどんなまちを目指すのでしょうか?奈良町は奈良の清水、嵐山になっていくのでしょうか?上向き景気に転じたら、タレントショップや外資系が進出してくる可能性が高いと思われます。今しばし、こののんびりした奈良町の景観は、楽しむことができるのでしょうけど。

●関連リンク
首都圏の観光客(実兄)の視点
「暗 箱 夜 話」<タグ「奈良県」>





コメント(2) | トラックバック(0) |2009年7月27日 07:18

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/489

コメント

こんにちは。首都圏の観光客です。
ご紹介有り難うございました。来週、帰省しますが、
また奈良町にもお邪魔したいと思っています。

お兄様へ

お久しぶりでございます。
そうですね、我が家のお盆でございました。いやはや。
って、そうか来週か。
掃除せにゃなりませんんあ。

久しぶりに歩く奈良町