世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  麹のお花は、桜で作った木桶に咲く

麹のお花は、桜で作った木桶に咲く

麹のお花は、桜で作った木桶に咲く

伝統的な手法で作られるお味噌。その原料となる大豆、塩、麹(こうじ)はもちろん、昔ながらの製法で作られるわけです。写真は米麹のお花。低温ですくすくと菌類が繁殖するんですね。そしてこの麹を培養するのに最も適しているのが、桜で作られた木桶(へぎばこ)ということでした。

取材に伺ったお味噌屋さんは、江戸時代から続く老舗でしたが一時期厳しい経営難に。工場などを失いましたがこの15年で盛り返し、伝統的な味噌づくりを復活。食の安全・安心という追い風のなか奮闘されていました。

工場再建に伴い、最も苦心されたのが、実はこの麹のための木桶の入手。桜で作られた桶など、もうすでに生産されてはいません。
麹のお花は、桜で作った木桶に咲く

桜の木で作られた木桶は伝統的な味噌作り(米麹作り)には欠かせないもの。つぶれる、廃業される味噌屋があると聞けば、木桶を譲り受けにいく・・・皮肉なお話ですね。取材したお味噌やさんには、いろいろな屋号が入った木桶が確認できました。

しかし、そのどれもがピタリと規格に合うあたり・・・すごい話です。何ともいえません。

●関連エントリー「産業(林業)観光関連」
 ○「軽〜いノリで産業観光、お願いします 08.12.16」
 ○「頼むから慎重に!森林整備加速化・林業再生事業 09.06.08」
 ○「上北山村、河合の川湊集落が新鮮に写った! 08.10.24」
 ○「高時川、照葉樹の森を漕ぐ。 09.04.14」
 ○「笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ」
 





| トラックバック(0) |2009年7月21日 06:57

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/485
麹のお花は、桜で作った木桶に咲く