世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  アウトドアと自然について  >  ザ・ライバル武村さんの考えるパドルスポーツ

ザ・ライバル武村さんの考えるパドルスポーツ

ザ・ライバル武村さんの考えるパドルスポーツ

ギターとか楽器のケース?こんなのをちょいと担いでまちを歩けば、かなり目立つでしょうね。オシャレ・・・実はこれ、愛好家が増加傾向にあるドラゴンボートのパドルケース。ドラゴンボート専門店などがマダマダ少ないなか、ザ・ライバルの武村健司さんが新規出店されました。

と、ドラゴンボートのパドルは分ったけど、武村さんは永年にわたりカヌー・カヤック業界のインポーターを勤めてこられました(元日本カヌー工業会会長!)。写真の後ろに並ぶカヤックのパドルも当然です。さらにこのお店では、ウインドサーフィンのフィンも取り扱われます。

それぞれの商材は、ジャンルに付き1ないしは2種のメーカーに絞って販売。工房も併設されており、左利き対応や、数ミリ、微妙な角度などオーダーに応えるビルダーでもあります。こんなお店は専門店としても大変珍しいスタイルです。

思うに・・・パドルやフィンは水と直接接する最もデリケートな部分であり、その独自の“気持ちの良い感覚”というのはスポーツのジャンルを超えて、共通項があるのではないでしょうか?パドルスポーツの本質的な楽しさは、「水のパワーを気持ちよく使わせてもらう」ところにあります。

090715_%20005.jpg
武村さんはこの“気持ちの良い感覚”を大切にしたお店作りを目指しているように感じました。今は飛んだりはねたり回ったりしてカヌー・カヤックを楽しんでいる皆さんも、大人になればそのうち気づくでしょう。そのとき、武村さんの思い描くパドルスポーツの未来と、どこかでシンクロできるかもしれません。

ドラゴンボートもやってみたいし、久しぶりにウインドサーフィンにも乗って見たいと思いました。今週末は大規模なドラゴンボートの大会「天神祭奉納 2009日本国際ドラゴンボート選手権大会」もありますね!

ザ.ライバル代表者 武村健司
〒630−8012 奈良市二条大路南5-6-47
奈良方面に御用の方は、ぜひお電話のうえ立ち寄りを!




コメント(2) | トラックバック(3) |2009年7月16日 08:43

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/482

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ザ・ライバル武村さんの考えるパドルスポーツ:

» SELECTパドルW1 ERGOをお試しする from アウトドアをまちづくりに!
ほぼ一ヶ月ぶりにカヤック。懸案になっておりました、新しいパドルなのですが先日相... [詳しくはこちら]

» かなり久しぶりにトポリノ from アウトドアをまちづくりに!
トポリノについての説明は、なかなかムツカシイのですが、まあおそらく今日の、短く... [詳しくはこちら]

» SELECT w1エルゴ。パドルの愉しみ from アウトドアをまちづくりに!
わたなべ仕様、トポリノを意識した少し長めの194cm35度、SELECT w1... [詳しくはこちら]

コメント

ドラゴンボートって凄い迫力ですね。パワーを感じます。

ところで、「ウインドサーフィンも乗ってみたい」そうですね。

空君と一緒に是非・・・

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1221265671&owner_id=15281227

あきませんねん、その日、
奈良大学でお話しなあきませんねん。
残念です。また次回。


ザ・ライバル武村さんの考えるパドルスポーツ