世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  大分県教育旅行誘致協議会の「新大分物語」

大分県教育旅行誘致協議会の「新大分物語」

090708.jpg

旅館やホテルなどを中心として、既存の観光産業にとって「マスツーリズムの象徴的存在」である修学旅行(教育旅行)は大変重要です。都道府県などの単位で、修学旅行の誘致のための協議会などを作り、プロモーション活動を実施します。

この10年、20年で教育現場は大いに変質。修学旅行に対するマーケットニーズも激変し、何もしなくても修学旅行が“来てくれた”観光地が、そうでなくなってきたわけです。阿蘇、長崎などの九州勢、広島、山口がそうであり、スキー修学旅行で隆盛を極めた長野方面も同じでしょう。現在大きなトレンドとなっている「平和学習」を核とした沖縄方面も、今後どうなるか分かりません。

私も高校の修学旅行で実際に訪れた別府、大分県も例外ではなく、新たな教育旅行、修学旅行の魅力の一つとして農村体験、農家民泊やキャリア教育支援を武器に方向性を模索しています。大分県教育旅行誘致協議会の「新大分物語」はそんななかで、よく健闘している事例といえるでしょう。

最新情報によると役員人事があり、新たな体制になったとか。大分県教育旅行誘致協議会「新大分物語」の今後の展開を注目しています。

●関連リンク
「新大分物語」大分県教育旅行誘致協議会




| トラックバック(0) |2009年7月 8日 11:46

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/476
大分県教育旅行誘致協議会の「新大分物語」