世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  「勉強の親玉」は川湊にあった!

「勉強の親玉」は川湊にあった!

090701.jpg

看板の力というのはすごいです。「勉強の親玉」ですからね。「勉強」が関西ローカルにおいて、値引きであるという意味がわからなければ、「いったい何の親玉なのか」深刻に悩んでしまうところでしょう。それにしても親玉。すごい形容ですね。

義理の父母と一緒に会食。そのお店の窓からの眺望です。川は円山川で、このあたり一帯は歴史的に林業集積地であったのでしょう。何軒も家具の製造卸売り店の看板が見えます。各社競争状態にあるから「勉強」が必要なのです。

さて、看板に目をとられていないで、少し堤防の石組みを見てください。かすかですが川湊の形状を残しているのに気づきませんか?広い川原のこの工場のあたりは、おそらくアバ、貯木場だったのではないかと推測できます。もしかしたら「親玉」は、林業関係の「親方」から派生したのかも?

いえいえそれは、深読みしすぎでしょう。

●関連リンク
「和家具・婚礼家具の松浦佐一家具本店」

●関連エントリー「川から見た景観【川湊関連】」
 ○「上北山村、河合の川湊集落が新鮮に写った!」
 ○「笠松の川湊。川から見るとこう見えるのだ」
 





| トラックバック(0) |2009年7月 1日 05:52

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/470
「勉強の親玉」は川湊にあった!