世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  まちづくり観光について  >  頼むから慎重に!森林整備加速化・林業再生事業

頼むから慎重に!森林整備加速化・林業再生事業

090606.jpg

「何でもええけど、林業もばら撒いとけっ!」
「バイオマスいいね!」
「環境保全対策って言えるとクリーンやろ・・・」

そんなやり取りがあったかどうか、知りませんが、経済危機対策の補正予算では農水省林業関連にも未曾有の財源が流れます。森林資源と核とした地域産業の再生・創造「2,537億円」、特に森林整備加速化・林業再生事業(緑の産業再生プロジェクト:新規)「1,238億円」です。

補助対象は間伐、路網整備、里山再生対策からバイオマス利用施設整備、流通経費支援などで、木材関連ならばほとんど当てはまるという大胆なものです。ばら撒き方は都道府県に基金を造成(条例整備などが必要か?)し、地方自治体単位で地域協議会を設立。ほら出た協議会・・・。その協議会が認定した事業に対して支援を行うというものです。

森林整備加速化・林業再生事業、通称「緑の産業再生プロジェクト」が発信され、現在、森林租合等の林業事業体・林業経営体、木材加工業者、木賃バイオマス需要者などは上へ下への大騒ぎになっていると思われます。

この選挙目当ての経済危機対策が森林再生の一助を担うことになるなら、それは好ましいことかもしれません。しかし、森林整備加速化・林業再生事業の推進体制には疑念があります。特定の事業体や天下り先への丸投げによって進められがちな日本の森林再生。協議会による事業認定方式では、根本的に既得権ビジネスとして短期決戦化すると予測できます。新規の民間参入など現実的に不可能でしょう。ブラックボックスのなかで「緑の産業再生」が進むことを強く畏怖します。

「何でも使えるやん!」
「使い切れんかったらどうしよう!」(使い切れなければ国庫に返還)。

子どもたちに背負わせる借金、森林整備加速化・林業再生事業、21年度補正予算ですが、民間企業はもちろん、実績のある森林保全NPOや研究者など幅広いセクターから多様な血を混ぜ、その内容をディスクローズして行かなければ、日本の森は本当にこの機会で駄目になります。次のお金はもうないかもしれませんよ、関係者は慎重に捉えていただきたいです。

上の写真は都市生活者が林業(工芸など)に触れ、芸術家と交流する目的で作られた、たいそうなタイケン施設、ロフトつきのバンガロー。年間利用者は数百とか・・・まさかまた、こんなん増やすんですか?

歴史的に日本の森林行政を振り返ってください。今回の森林整備加速化・林業再生事業が大きい節目になること、間違いありません。

●関連リンク
「経済危機対策・森林整備加速化・林業再生事業」農林水産省

●関連エントリー
「悪玉コレステロール!地域活性化・経済危機対策臨時交付金」
「『ふるさと子ども夢学校』になっても募る不安」





コメント(2) | トラックバック(3) |2009年6月 8日 06:16

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/452

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 頼むから慎重に!森林整備加速化・林業再生事業:

» 麹のお花は、桜で作った木桶に咲く from アウトドアをまちづくりに!
伝統的な手法で作られるお味噌。その原料となる大豆、塩、麹(こうじ)はもちろん、... [詳しくはこちら]

» 21年度補正予算返納!客観的な事業評価システムが必要 from アウトドアをまちづくりに!
14兆ってすごい額ですね、21年度補正予算。一応当事者として(皆さんも当事者よ... [詳しくはこちら]

» 21年度補正予算「でっち上げ依頼」 from アウトドアをまちづくりに!
3月に入りましたが、先の2月の後半、実に悩ましい自治体案件が多数寄せられました... [詳しくはこちら]

コメント

「未曾有の財源」
次世代につけを廻すやり方に疑問を持つものの一人です。

やっぱり選挙は大事ですね。
次の選挙が楽しみです。

Anonymousさんへ

選挙、確かに大事ですね。
また、心ある官僚、行政マンなども不可欠です。

そういえば選挙の時「純ちゃ〜ん」と手を振っていた人は
今何を考えているのでしょうかね。

頼むから慎重に!森林整備加速化・林業再生事業