世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について  >  二人で遊べるでぃーえす

二人で遊べるでぃーえす

090519.jpg

いろいろ思うことあって、テレビゲームは我が家にありません。しかし、空の友達にはお兄ちゃんが「でぃーえす」を持っている子も少なくなく、いろんな機会で触らせてもらっている模様。うちでは買ってもらえないことがわかっているようで、「欲しい」といわれたことは一度もありません・・・まだ。

ふとテーブルを見ると「でぃーえす」がある。ソフトもいろいろあるようで、やったーまんとか、きょうりゅうキングやキカイダーなど・・・まあ、四角い紙切れにひらがなでタイトルを書いただけですが。そして極めつけは写真の“二人で遊べるでぃーえす”。

「ええやろーとうちゃん。このでぃーえす、二人で遊べんねん!」

こんなものを作るところを見ると、でぃーえすの取り合いをやっているのだろうと想像してしまいます。少々切なくなってしまう、とーちゃん。しかしよく作ったものである。i-pod、たまごっちなんかもそうですが、プライベートで遊ぶ家電は一般的になりました。“二人で遊べるでぃーえす”なんて、ちょっといいアイデアではないでしょうか?

任天堂さん、真に受けて開発しませんか?

●関連エントリー「空のお絵かきアーカイブ」
 ○なんでもものしりずかん 09.03.25
 ○干支のどうぶつ大図鑑 09.01.04
 ○ケムール人のようなR2-D2 09.01.19
 ○空くんが作った「ゆるキャラ」08.06.08
 ○4歳児が描いた、こいつの名前は? 08.10.02
 ○甥っ子の絵手紙




コメント(4) | トラックバック(0) |2009年5月19日 06:11

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/438

コメント

うちもゲーム系は激しく導入拒否していますが、
元々夫の持ち物であるPS2が実はあったりします。
もっぱら息子がトトロを見るためのものと化しており、
本人もPS2はトトロを見る道具だと思っておりますが。
ちなみに、最近の息子のブームは必殺仕事人で、伏線となってるのが、年末のちんどん興行ですよ(笑)。

キタモリさんへ

まいどです。ヒロトは必殺仕事人ですか!
東西屋チックな仕事人なのでしょうね。

うちにもPS2の機械がありますが、ソフトはありません。この機械は一時「とーちゃんを操作できる」コントローラーであると、真剣に信じておりました。


すごいなぁ。アイデア豊富で、企画、デザインとなんでもできますね。いいわぁ〜、二人でぃーえす。
でぃーえすしたことないけど、これやったらやってみたいです。空ちゃん、一緒にあそんでね。

まめさんへ

二人でぃーえす、実は空に誘われてやってみたんです。
しかし悲しいかな、とーちゃんのほうがボタン操作のやり方がわからない。
まったくもう、最近の玩具は・・・・・・・・・・

二人で遊べるでぃーえす