世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅

世界遺産、熊野を舞台とした、極上のキャンプとカヌーの自然旅
ファーストクラスのアウトドア…“なみまくら”

アウトドアをまちづくりに! TOP >  学び・教育について 何とも言えんもの  >  里山保全活動、11年目の成果

里山保全活動、11年目の成果

090513.jpg

普通の公園のように見えるかもしれません。何の変哲もない谷の風景かもしれませんが、そうではないんですね、ここ。この谷間、11年間に及ぶ里山保全活動の成果なんです。目の当たりにして勇気が出ました。竹やぶはやっつけられるのですね。

取り組みが始まる前、この谷は竹と笹でうっそうとしたジャングル地帯であったと聞きました。手前の足元にその残骸、竹チップが見えます。今ではちょっと竹を使おうと思って見渡しても、活動拠点の周囲に竹やぶが少なくなっており、わざわざ竹を採りに行く・・・そんなお話も聴けました。

継続、循環、市民活動というのは侮れませんよ。11年。小さなことからコツコツと。何ともいえません。くわしいレポートは「岸ぶら」の方をご参照ください。

●関連リンク
「笑いが絶えないNPO法人 神於山保全くらぶ」岸ぶら





コメント(4) | トラックバック(1) |2009年5月13日 06:15

お誂えのカヌー旅ファーストクラスのアウトドアなみまくら

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://asobo.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/435

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 里山保全活動、11年目の成果:

» 交流イベントに期待大!スタードーム from アウトドアをまちづくりに!
これ、だいぶ前から注目していたんですが、あまり西日本で見かけることがなかった「... [詳しくはこちら]

コメント

広報していただき本当にありがたいです。感謝感激です。

今後も、神於山を見守って下さいね。

泉原さんへ

毎度です。
見守るも何も・・・大変勇気付けられております。

もしかしたら視察団などをつれていくかもしれません。

その折は、また、よろしくお願い申し上げます。

視察団、大歓迎です。
どんどんお連れ下さいませ。

岸和田市の新任教員の研修も当くらぶが担当しています。
その時は100名位来られます。

大人数には慣れていますので。

待ってまっせ!

泉原さん、力強いお言葉、感謝します。

私の周囲の里山保全活動をされている方々に正しく発信すること、お任せください。

そして、よくよく考えると神於山の現状を知っている岸和田市民が少ないということもあります。

まず、地元から。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。


里山保全活動、11年目の成果